病院の食事がおいしく、デザートも堪能したという(写真はブログより)

病院の食事がおいしく、デザートも堪能したという(写真はブログより)

 お酒は一滴も飲まない伊達だが、その分、たばこと甘いものには目がなかった。

「同じく相方の富澤さんもお酒を飲まない愛煙家で、誕生日には3カートンずつたばこを贈り合い、喫煙所でネタ合わせをすることも日常茶飯事でしたね」(前出・テレビ局関係者)

 伊達といえば、“ゼロカロリー理論”の提唱者としても知られている。それは、どんなにカロリーの高い食べ物も、フライにすれば「高温でカロリーが逃げ」、つぶしてかさを減らせば「空気中にカロリーが飛んでいき」、甘塩っぱいものは「カロリーが中和される」ため、いくら食べても太らない……というウケ狙いのトンデモ理論。言い訳をしながら、高カロリーの食事を続けていた。また、東北人らしく塩辛いものが大好き。

「人生の最期に食べたいものは、地元名物の油揚げととんカツだといいます。有吉(弘行)さんがMCのバラエティー番組でそれらがスタジオに運ばれると、どちらにもしょうゆを何周も回しかけて食べていた。有吉さんが呆れながらも、『死ぬよ?』と本気で心配するほどでした」(前出・テレビ局関係者)

 こうした不摂生の結果、血圧はいつしか200を超えるまでになり、下の値も146。日本高血圧学会が発表している75才未満の成人の正常値は、上は130で下は80。伊達は基準値を大幅に超える異常な状態だった。

「テレビ番組の企画では、医師から『いつ死んでもおかしくない』と警告され、血圧を下げる薬をのんでいました」(別の芸能関係者)

 不摂生は忙しさによるストレスも要因だったようだ。

「売れっ子の2人は、テレビやラジオのレギュラー番組を14本も抱えていて、息をつく暇がありません。食事とたばこは、限られた息抜きになっているようでした」(別のテレビ局関係者)

 特にサンドウィッチマンは、地方ロケが多い。

「彼らはカメラが回っていないときも、地元の人と会話を続けるからみんな喜ぶ。そのため、ロケ番組のオファーが絶えないんです。2011年以降は東北でのロケが増えていて、できる限り受けようとしていました」(前出・芸能関係者)

 膀胱がんは、身体が発した“休みを取れ”というメッセージだったのかもしれない。

※女性セブン2021年4月15日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン