ビジネス

サントリーワイン女性社長が語る「良いパフォーマンスを生むチーム論」とは

サントリーワインインターナショナル社長の吉雄敬子氏

サントリーワインインターナショナル社長の吉雄敬子氏

 酒類業界といえばかつては男性社会のイメージが強かったが、時代の変遷とともに、リーダーとしても女性の活躍の場が広がってきている。サントリーホールディングスも、たとえばグループ会社のハーゲンダッツジャパンは女性社長で、昨年はサントリースピリッツ大阪工場で同社初の女性工場長も誕生。さらに今年1月、グループの酒類事業会社で初の女性トップとなったのが、サントリーワインインターナショナルの吉雄敬子社長である。同氏が考える「良いパフォーマンスを生むチーム論」とは。

――学生の人気企業ランクで毎年上位に選ばれるサントリーですが、吉雄さんはどんな就職活動をされましたか。

吉雄:業種選定にあたっては、お酒や飲料といったこだわりより、学生だった私でも理解しやすい商品を扱っている企業に絞り就職活動をしました。漠然と消費財メーカーに入社できたらいいなと思っていたので、サントリーだけでなく、化粧品会社などの入社試験も受けました。

 私がサントリーに入社したのは1991年。就活した年はまだバブル経済が弾ける前で、景気がいい時代でもありました。

 私より4、5年先輩の方まではいろいろご苦労も多かったのではないかと思いますが、1986年に男女雇用機会均等法が施行されたことで、女性が働きやすい会社かそうでないかの議論も多くなり、均等法施行以降は、女性の働きやすさを掲げる企業も増えていきました。

 ただ、サントリーは昔から女性が働きやすい自由闊達な会社として有名でしたし、当時、ワイン事業部(※サントリーが持ち株会社化して事業会社をぶら下げるようになったのは2009年から)で働いていた大学の先輩からも、「のびのびと仕事ができて、いいわよ、サントリーは」と直接、話を聞いていたことも大きかったと思います。

チームでの開発に欠かせない「生活者の目線」

――これまで多くの商品開発チームを率いてきたと思いますが、もっとも大事にしてきたことは何ですか。

吉雄:お客様がどんな点にご不満を持ち、どんなことを商品に求めていらっしゃるのかといった点について、常に消費者起点の発想でしっかり話し合うことです。チームのメンバーが4、5人も集まれば、年代の幅も20代から40代まで広がりますが、ターゲット層であるお客様の像を、よりはっきりしたものにしていくためにも、メンバー個々人に自分の話もしてもらっています。

 たとえば「夫婦でスーパーに行く?」「いや、僕は行きません」「なぜ一緒には行かないの?」といった、普段の何気ない行動についての話でもいいのです。

 自分たちの1人の生活者としての行動と、ターゲット層にしているお客様の重なり合う部分、あるいは違う部分をよく検証していくことで、お客様の像が可視化できるようになってくる。だから、チームのメンバー全員、お客様についてのディスカッションをする際は、自分の話や体験、経験なども交えながらするという点は心がけています。

 そして大事なのは、たとえば話し合うメンバーをマーケッターだけに限定してしまうのではなく、商品の中身を設計するメンバーやデザイナーなど、いろいろな部署から集まってもらうこと。この方法は昔から一貫していますが、私は今もそのやり方がいいと思っています。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン