ビジネス

サントリーワイン女性社長が語る「良いパフォーマンスを生むチーム論」とは

サントリーワインインターナショナル社長の吉雄敬子氏

サントリーワインインターナショナル社長の吉雄敬子氏

 酒類業界といえばかつては男性社会のイメージが強かったが、時代の変遷とともに、リーダーとしても女性の活躍の場が広がってきている。サントリーホールディングスも、たとえばグループ会社のハーゲンダッツジャパンは女性社長で、昨年はサントリースピリッツ大阪工場で同社初の女性工場長も誕生。さらに今年1月、グループの酒類事業会社で初の女性トップとなったのが、サントリーワインインターナショナルの吉雄敬子社長である。同氏が考える「良いパフォーマンスを生むチーム論」とは。

――学生の人気企業ランクで毎年上位に選ばれるサントリーですが、吉雄さんはどんな就職活動をされましたか。

吉雄:業種選定にあたっては、お酒や飲料といったこだわりより、学生だった私でも理解しやすい商品を扱っている企業に絞り就職活動をしました。漠然と消費財メーカーに入社できたらいいなと思っていたので、サントリーだけでなく、化粧品会社などの入社試験も受けました。

 私がサントリーに入社したのは1991年。就活した年はまだバブル経済が弾ける前で、景気がいい時代でもありました。

 私より4、5年先輩の方まではいろいろご苦労も多かったのではないかと思いますが、1986年に男女雇用機会均等法が施行されたことで、女性が働きやすい会社かそうでないかの議論も多くなり、均等法施行以降は、女性の働きやすさを掲げる企業も増えていきました。

 ただ、サントリーは昔から女性が働きやすい自由闊達な会社として有名でしたし、当時、ワイン事業部(※サントリーが持ち株会社化して事業会社をぶら下げるようになったのは2009年から)で働いていた大学の先輩からも、「のびのびと仕事ができて、いいわよ、サントリーは」と直接、話を聞いていたことも大きかったと思います。

チームでの開発に欠かせない「生活者の目線」

――これまで多くの商品開発チームを率いてきたと思いますが、もっとも大事にしてきたことは何ですか。

吉雄:お客様がどんな点にご不満を持ち、どんなことを商品に求めていらっしゃるのかといった点について、常に消費者起点の発想でしっかり話し合うことです。チームのメンバーが4、5人も集まれば、年代の幅も20代から40代まで広がりますが、ターゲット層であるお客様の像を、よりはっきりしたものにしていくためにも、メンバー個々人に自分の話もしてもらっています。

 たとえば「夫婦でスーパーに行く?」「いや、僕は行きません」「なぜ一緒には行かないの?」といった、普段の何気ない行動についての話でもいいのです。

 自分たちの1人の生活者としての行動と、ターゲット層にしているお客様の重なり合う部分、あるいは違う部分をよく検証していくことで、お客様の像が可視化できるようになってくる。だから、チームのメンバー全員、お客様についてのディスカッションをする際は、自分の話や体験、経験なども交えながらするという点は心がけています。

 そして大事なのは、たとえば話し合うメンバーをマーケッターだけに限定してしまうのではなく、商品の中身を設計するメンバーやデザイナーなど、いろいろな部署から集まってもらうこと。この方法は昔から一貫していますが、私は今もそのやり方がいいと思っています。

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン