芸能

劇団四季代表取締役「配信は演劇の充分な代替品になり得ない」の意味

『美女と野獣』の「人間に戻りたい」は、観客だけでなく出演者や経営陣の心も震わせた

『美女と野獣』の「人間に戻りたい」は、観客だけでなく出演者や経営陣の心も震わせた

 コロナ禍では、多くの演劇、コンサート、ミュージカルが、ライブ配信されるようになった。世界中どこにいても、観たい公演を観られるようになったが、吉田さんは、配信は演劇界の新しい生活様式にはならないと考える。

「配信には、日本中どこにいても舞台をご覧いただけるというよい点もあります。しかし、演劇の充分な代替品にはなり得ない。舞台上の高揚感、緊張、喜び、悲しみは、出演者とお客さまが同じ空間を共にしなければ、お客さまに完全には伝わらないからです。

 また、同じ劇場、同じ出演者であっても、今日と明日の『オペラ座の怪人』は、まったく違うものです。この“一期一会”も演劇の魅力の1つ。アーカイブされた配信では感じられません。

 いま、多くの人が、未来に希望を持てなくなっている。だからこそ、舞台の上にある、希望に満ちた“虚構”の世界を信じることで、『人生は生きるに値する』というメッセージを、1人でも多くの人に感じていただきたい。それが舞台芸術の使命なのです」(吉田さん)

 4月16日。神奈川・相模原市で全国公演の初演を観劇したばかりの女性に話を聞いた。

「この1年間、外に出られなくて、娘に『廃人になっちゃうわよ』と言われるほどふさぎ込んでいました。でも、最近観劇するようになってから、みるみる元気になって。私も“人間に戻る”ことができたみたいです」

 舞台の冒頭で、1982年から劇団四季に在籍するベテラン俳優、味方隆司さんは、「今日、私たちは劇場で逢いました。夢は眠りの中だけにあるわけじゃない。劇場でも大きくふくらむ」というせりふを朗々と語り、そしてこう続ける。

「人生を生きるには、夢が必要だ。苦しいとき、悲しいときはここへいらっしゃい。寂しいとき、うれしいときもぜひ。劇場は夢をつくり出し、人生を映し出す、大きな鏡です」

 昨年4月7日の緊急事態宣言発出から、本誌が全取材を終えた今年4月19日まで、378日が経過した。その間、中断と再開を繰り返しながら、劇団四季の挑戦は続いた。苦難の連続だった昨日までが、きっと明日からの自分たちを強くすると信じて──。

※女性セブン2021年5月6・13日号

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン