芸能

『コントが始まる』の仲野太賀 超絶リアル感で若手屈指の存在に

(写真/時事通信社)

八面六臂の活躍(時事通信フォト)

 表情豊かに芝居できる若手俳優、というと、少なくない人がこの俳優の名前を挙げるのではないか。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 毎年気温が上昇してくる季節にインパクトを放つのがキンチョー「虫コナーズ」のCM。奇妙な関西弁とおばちゃん挙動で目を引く長澤まさみさんが話題に。でも、最近長澤さん以上についつい視線がいってしまうのが、弟役として登場する仲野太賀さんの「きょとん顔」です。

「期限の切れた去年の虫コナーズでは無防備やねん」と姉役・長澤さんが言う。「おでこにパスワード書いて歩いているようなもんやで」と素っ頓狂な言葉をかけられて、「きょとん顔」で反応する弟・仲野さん。最後は深く納得した表情をして余韻を残してくれます。

 CMという短い時間の中で、特に弟はセリフもほとんど無いというのに、二人の間に絶妙なやりとりが生まれる。何とも奇妙な空気感が伝わってくる。

 と優れた演技感覚を見せる仲野さんですが、ドラマにおいて最初に爪痕を残したのが宮藤官九郎脚本の『ゆとりですがなにか』(2016年 日本テレビ系)。仲野さんが演じた「ゆとりモンスター・山岸ひろむ」は忘れがたいキャラクター。あれほど人をイラつかせムカつかせる人物はいないと話題に。

 遅刻しても「道分からなくて駅からタクっちゃいました」と先輩にあっけらかんと言い放ち、「メールあまり見ないんで、次からLINEにしてくれます?」とのたまう。実に憎々しくむかつく「モンスター」を見事に体現してみせた。ドラマ放送時はツイッター上でも「山岸に街で会ったらぶっ殺す」「あいつマジ殴りたい」と書かれたほどリアルで注目されました。

 そう、仲野太賀という役者の凄い点は「いるいる、たしかにこういう人」と思わせる超絶リアル感。作品によって演じる役柄は変化していくけれど、「キャラクターの輪郭を明解にくっきりと描き出すこと」において仲野さんの右に出る若手はいない。

 例えば公開中の映画『すばらしき世界』では、出所した元やくざを追いかける若手テレビディレクターを演じていますが、取材する側として気持ちが揺らいで変化していく微妙なプロセスを描き出しています。

 そう、人って複雑で矛盾していて時に環境によって変化していく。そんな人間が愛おしいと感じさせてくれるような演技です。

 その仲野さんが今、水を得た魚のように躍動しているのが、ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系土曜午後10時)。脚本は第38回向田邦子賞受賞の金子茂樹さんのオリジナル。

 物語は……売れないお笑いトリオ「マクベス」の3人組--春斗(菅田将暉)、潤平(仲野太賀)、瞬太(神木隆之介)と、ネタ作りの場であるファミレスの店員・里穂子(有村架純)、その妹(古川琴音)5人の群像劇。

 憧れのお笑い芸人。しかし、夢にたどり着く道のりは想像以上に険しく、オーディンションは落ちまくり観客は集まらず。人生の葛藤と苦み。「マクベス」はとうとう2ヶ月後の解散を決める。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン