• TOP
  • 芸能
  • 現役SKEも参戦 女子プロレスとアイドル、2つのジャンルが急接近

芸能

2021.05.04 07:00  NEWSポストセブン

現役SKEも参戦 女子プロレスとアイドル、2つのジャンルが急接近

 SKE48 ・荒井優希が参戦する東京女子プロレスもアイドルとは縁が深く、彼女がデビュー試合で戦う伊藤麻希(元LinQ)と遠藤有栖(元Cheer1)は共にアイドル経験がある。さらに荒井のタッグパートナーを務める渡辺未詩は、アイドル×プロレスユニットのアップアップガールズ(プロレス)に所属する現役アイドルだ。そんな「アイドル対決」とも言える対戦カードが組めるほど、現在の女子プロレス業界はアイドルの人材が豊富だ。

 これだけ女子プロレス業界に元アイドルが増えたのは、もはや飽和状態となったアイドルシーンの厳しい現状、相次ぐアイドルグループの解散などが関係しているだろう。新天地を求めるアイドルたちと、ジャンルの外にも届くスターを求める女子プロレス業界の希望がマッチしたようだ。

 筆者は、再び女子プロレスブームが来ることに期待している。元アイドルの女子プロレスラーが増えれば、アイドルと女子プロレス、ふたつの世界はさらに近づき、従来のアイドルファンをも取り込んで、ジャンルはさらに拡大することができるはずだ。

 そして、対・世間で注目を集めるためには、48グループ出身の女子プロレスラーが現れるのが一番ではないか。やはり「48」の看板は強い。ふたつの世界を繋ぐアイコンには、うってつけだろう。

 もしかすると、荒井の本格リングデビューのニュースを見て、「プロレスという選択肢もあるのか」と知ったアイドルがほかにもいるかもしれない。荒井の参戦は、単なる話題性という以上に、現代の女子プロレス業界を大きく変革する可能性を秘めているように感じる。

関連記事

トピックス