• TOP
  • 芸能
  • 西島秀俊が北野武監督の映画で再び主演か「北野さんは僕の恩人」

芸能

2021.06.01 16:00  NEWSポストセブン

西島秀俊が北野武監督の映画で再び主演か「北野さんは僕の恩人」

映画やドラマの第一線で活躍し続けている(時事通信フォト)

朝ドラでも気象予報士役でのイケメンぶりが話題、次なる活躍の舞台は…(時事通信フォト)

 50才になり、再び多忙を極めているのが西島秀俊だ。5月17日から放送が始まったNHKの連続テレビ小説『おかえりモネ』に主要キャストとして出演。ヒロインを気象予報士へと導くメンターとして、存在感ある演技を見せている。

 5月31日からは、主演ドラマ『シェフは名探偵』(テレビ東京系)が始まり、8月からは村上春樹の短編小説を原作とした映画『ドライブ・マイ・カー』に主演する。多忙を極めるさなか、西島がビッグプロジェクトにも参加していたことが女性セブンの取材でわかった。

「北野武監督の最新映画に出演予定だと聞いています。現在、撮影中なので、西島さんは他の撮影と重なりながら、挑んでいると思われます」(映画配給会社関係者)

 北野監督が、2017年公開の映画『アウトレイジ最終章』以来、4年ぶりにメガホンを握るのは、自身が2019年に執筆した歴史小説『首』が原作の時代劇だと言われている。

 舞台は戦国時代。織田信長が天下統一へ突き進む時期から、本能寺の変、そして豊臣秀吉が明智光秀を討ち取る山崎の戦いまでの物語だ。前出の映画配給会社関係者は「信長、秀吉、光秀から徳川家康まで登場するが、誰一人ヒーローとして扱われていない。まさに全員悪者だった『アウトレイジ』の戦国時代版といったテイスト。原作の主役は秀吉の下で働く農民出の家来で、冷たい笑いや残酷な描写が印象的です」と解説する。

 さらに、「既にクランクインはしていると思われるのですが、情報管理が徹底されていて、なかなか概要が見えてきません。ただ、西島さんは主演級だと見られています」と前出の映画配給会社関係者は明かした。

 コロナ禍ということもあり、映画撮影は長期間にわたるケースが増えている。NHKの朝ドラに出演している西島にとって、スケジュールのやりくりなど、ハードな日々を送っていることだろう。それでも「この映画に絶対に出たい」という思いが西島にはあったようだ。

 6年前に西島は、主演映画『劇場版MOZU』で北野監督と初共演した際に、「(たけしさんは)僕を見出してくれた恩人。心の師匠と勝手に思っていました。その方と俳優として対峙できて、宝のような時間だった」と告白。そこまで敬愛された北野監督も「実力をつけて人気者になって、日本を代表する役者になったのに、一銭のお礼もなく理不尽な男だと思っています。10円でも20円でも病気でも、くれるものならなんでももらう男なのでよろしくお願いします」と、照れ隠しで冗談交じりに返して笑いを取っていた。

関連記事

トピックス