スポーツ

不振の日ハム・中田翔 「タバコ」と「コーチ」で球団との軋轢

今季は不審にあえぐ中田翔

今季は不振にあえぐ中田翔(時事通信フォト)

 6月1日、日本ハムの中田翔(32)が二軍戦に出場した。昨季は自身3度目の打点王に輝いた不動の4番が、今季は打率が1割台に低迷するほど不振に喘いでいた。5月17日に登録抹消されてから初の実戦復帰となったこの日の試合で、3打数1安打。試合後には「もう一回やらなアカンっていう気持ちになっている」とコメントし、一軍再昇格へ意欲を見せた。
 
 この日に至るまでの2週間、中田はチームメイトの前から姿をくらましていたという。スポーツ紙の日本ハム担当記者が語る。

「開幕から思うような打撃ができずに苦しんでいた。4月7日の試合では三振後にベンチでバットを叩き割り、その後にベンチ裏で転倒。翌日に右目付近を紫色に大きく腫らした姿でグラウンドに現われた。

 打率1割台に低迷する中、打順はコロコロと変わり、5月16日の試合を体調不良で欠場すると、翌日に登録抹消。二軍行きは自分から希望したそうです。ところが、二軍の本拠地がある千葉・鎌ケ谷に来た形跡はない。ある記者がそのことを栗山(英樹)監督に質問したところ、普段は温厚な監督が無言で会見を切り上げてしまった。これはただ事ではないと感じました」

 一体何があったのか。この担当記者が続ける。

「別にケガをしたわけでもなく、今季の中田はやる気が見られない。今季第1号の本塁打がメジャー帰りの楽天・田中将大からのものだったことからもわかるように、気持ちが入れば本来のスイングができる。でもモチベーションが高まらない場面では、気のないスイングばかり。栗山監督が7番、5番、2番、6番と打順を入れ替える度に不満は募り、自らの打順について“阪神では新人(佐藤輝明)が4番を打っているのに……”とボヤいていたそうです」

 気持ちが入らない理由について、日本ハムOBは意外な理由を明かす。

関連記事

トピックス