芸能

尾野真千子 コロナ禍での撮影に葛藤「当たり前ではなく、恵まれたこと」

尾野真千子「撮影をやっていいのかという葛藤」もあったという

尾野真千子「撮影をやっていいのかという葛藤」も

 朝ドラ、大河など数多くの作品で活躍する女優が10年ぶりに『週刊ポスト』に登場した。この日の尾野真千子(39)は赤をグラデーションで纏っていた。

「赤は元気が出る色でエロスを感じさせる妖艶さもある。異なる表情を持つのが好きです。私の勝負カラーはベージュ。衣装に響かないように撮影には必ずベージュの下着で臨むので、“戦いに行くぞ!”と戦闘モードに入る色なんです」

 主演映画『茜色に焼かれる』で演じた主人公の勝負カラーが赤だ。コロナ禍の生きづらさや不条理な世の中でもがき、必死に前を向いて生きる母親を演じる。

「ウイルスへの恐怖から、撮影をやっていいのかという葛藤がまずありました。でも戦うと心を決めると徐々に力が漲り、“私の居場所はここなんだ。続けなきゃ、前へ進まなきゃ”って。決意でもあり、お芝居を続けてきてありがたさをようやく実感できた瞬間でもありました。あの場所で演じられるのは当たり前ではなく、恵まれたことだったんですよね」

 近年は母親役も増え、公開中の『明日の食卓』でも息子を持つ母を演じている。

「こちらも様々に重いものを背負ったお母さんで、幸せな役ってあまりないんです、私。演じ甲斐はとてもありますが、問題を抱えた母親役が多く自分の将来がちょっと心配です(笑い)」

 役の印象とは違って、素の尾野は“元気な赤”を地でいくように明るい。

「朝ドラの出演でお仕事が急に増えた頃は余裕がなくて、いつもピリピリしていました。でも楽しく過ごせば疲れも半減しますし、最近は自分のためにも笑っていようって。役者としてもでーんと構えて、いるだけですべてを語れるような存在になれたらいいな」

 今は年齢的にも、芝居で小細工をして一生懸命暴れていると明かす。40代を控え、佇まいだけで演じられる女優への憧れを語った。

【プロフィール】
尾野真千子(おの・まちこ)/1981年11月4日生まれ、奈良県出身。1997年、『萌の朱雀』でデビュー。NHK連続テレビ小説『カーネーション』(2011~2012年)、大河ドラマ『麒麟がくる』(2020年)などドラマでも活躍。公開中の映画『茜色に焼かれる』『明日の食卓』に出演。

撮影/西條彰仁 文/渡部美也

※週刊ポスト2021年6月11日号

関連記事

トピックス