• TOP
  • ライフ
  • 8人に1人が罹患する腎臓病「座りすぎ」が発症リスクを高める可能性も

ライフ

2021.06.08 11:00  女性セブン

8人に1人が罹患する腎臓病「座りすぎ」が発症リスクを高める可能性も

(写真/アフロ)

巣ごもり生活が、腎臓病の発症リスクを上昇させる?(写真/アフロ)

 新型コロナウイルス感染リスクを避けるため、家で椅子に座ってテレワーク。しっかりたんぱく質を摂って、頭痛や生理痛には薬を一錠──。こんな「普通の生活」が腎臓に負担をかけているかもしれない。“沈黙の臓器”腎臓の声を聞く方法を徹底取材。

 8人に1人……これは日本における「慢性腎臓病」の罹患者数だ。この数は生活習慣病の代表格であり、「国民病」といわれて久しい糖尿病よりも多い。筑波大学腎臓内科学教授の山縣邦弘さんが言う。

「2005年には1330万人だった国内の罹患者は、2015年に私たちが調査したところ、1480万人に増加していました。その数はいまも右肩上がりであることが予想されます」

 実際、医学雑誌『ランセット』の2020年の報告によれば現在の患者数は2100万人だともいわれている。山縣さんはその最大の原因は高齢化にあるという。

「腎臓は血液を濾過して老廃物を体外に排出する働きをする、生命の維持に欠かせない臓器です。しかしその働きは加齢とともに徐々に衰えていきます。慢性腎臓病は機能が正常の6割以下に低下している、またはたんぱく尿が出るなどの腎障害が3か月以上持続した状態をいいます。

 罹患率は50代から増え始め、60代では15%、70代では30%、80代に至ると約半数が当てはまります。つまり、年を重ねることそのものが発症リスクを上げるのです」(山縣さん)

 この傾向に拍車をかけるのが、コロナ禍における巣ごもり生活だ。

 大阪大学の研究グループが2006年から12年にわたって行った追跡調査によれば、デスクワークが多い業務体系の人はそうでない人よりも腎臓病の症状の1つである「たんぱく尿」が出るリスクが1.35倍高かった。

「実際、筑波大学に通院する慢性腎臓病患者の1日の活動量を調査したところ、座っている時間が37%で最も多く、次いでベッドなどで眠っている時間を指す臥床時間が34%。1日の最も長い時間を座って過ごしていました。有酸素運動のような、体に負荷がかかる動きに至っては4%で、1日1時間にも満たなかった。

 もちろん体調が悪いゆえに座っている時間が長い人もいましたが、“座りすぎ”が発症リスクを上げることは間違いありません」(山縣さん)

 大手健康機器メーカー・オムロン ヘルスケアが行った調査によれば、コロナ禍で座っている時間が増えたと実感する人は多く、今後、罹患者数はさらに増えることが予想される。

“座りすぎ”に注意(写真/Getty Images)

“座りすぎ”に注意(写真/Getty Images)

関連記事

トピックス