• TOP
  • スポーツ
  • 巨人・原監督、ベテラン亀井の起用法の裏にある現役晩年の苦い経験

スポーツ

2021.06.08 16:00  NEWSポストセブン

巨人・原監督、ベテラン亀井の起用法の裏にある現役晩年の苦い経験

原監督の現役時代の経験がベテラン操縦術につながっているのか(時事通信フォト)

原監督の現役時代の経験がベテラン操縦術につながっているのか(時事通信フォト)

 巨人・原辰徳監督の現役晩年の苦しい経験が、ベテラン操縦術に繋がっているのかもしれない。巨人の最年長38歳10か月の亀井善行が6月5日の日本ハム戦で通算100号を達成した。歴代4位の遅さで、球団ではV9の5番打者・末次利光の34歳1か月を大幅に更新し、最年長記録となった。試合後、原監督は「これから先も200号を目指して頑張るでしょう」とさらなる飛躍を願った。

 今シーズンの亀井は史上初の『開幕戦代打サヨナラ本塁打』でスタートしたが、打率1割8分6厘、2本塁打、8打点(6月6日現在。記録は以下同)と結果を残しているとは言い難い。プロ野球担当記者が話す。

「最近10度の代打では7打数ノーヒット、3三振と当たっていませんでした。調子が出なくても、原監督は亀井のプライドを傷つけることなく、良い場面で使っています。10度のうち、7度は得点圏に走者を置いた局面で、2度は9回の最後の打者。その期待に応えようと、『代打・亀井』はヒットを打てなくても、ベテランらしい貢献の仕方をしていました」(以下同)

 5月25日の楽天戦では、2点リードの7回裏2死満塁で押し出し四球を奪い取った。制球の定まらないブセニッツがスリーボールからワンストライクを取った後、タイムで相手に嫌な間を作って、押し出しに繋げた。6月2日の西武戦では1点リードの6回裏2死一三塁で四球を選んでチャンスを拡大。6月4日の日本ハム戦では2点リードの7回裏無死二三塁で高めのボールを狙ったかのように、センターに犠牲フライを打ち上げた。

「ヒットを打てなくても、ベテランならではの間の取り方をしたり、最低限の仕事をこなす。原監督はそこに信頼を置いているのでしょう。亀井は1軍に帯同しながら、志願してイースタンリーグに出場するなど必死に調子を戻そうとしてきた。その姿勢も買っているでしょう」

 丸佳浩が不調で登録を抹消された6月5日、代役に亀井が指名された。1打席目に四球を選んで先制のホームを踏むと、9回には追撃の通算100号。チームは敗れたが、1試合で外野の全ポジションを守り、存在感を示した。

関連記事

トピックス