• TOP
  • 芸能
  • 谷原章介は「スポンサーを連れてきた」と大好評 芸能界最新父親事情

芸能

2021.06.11 07:00  女性セブン

谷原章介は「スポンサーを連れてきた」と大好評 芸能界最新父親事情

谷原章介

スタッフからも大好評の谷原章介

 今年の父の日は6月20日。世のお父さんに感謝の気持ちを伝える日ですが、芸能界では多くの人々に憧れられるパパから、そうではないパパまで、さまざまなタイプがいるようです。そこで、構成作家でコラムニストの山田美保子さんが、令和の芸能界父親事情に迫ります。

 * * *

「スポンサーまで連れてきた」と大好評の谷原章介サン

 その昔、「昼間のパパは、男だぜ~」と歌ったのは、忌野清志郎さん(享年58)でした。作詞は糸井重里サン(72才)。『清水建設』さんの企業CMソングで、オンエアにて話題を呼んだ翌年、シングルCDとして発売になりました。

 当時、CM界では、虐げられがちだった“パパ”の“昼間”にスポットライトをあて、「ちょっとちがう」「光ってる」「男」と評価した名曲。6月20日の「父の日」を前に、四半世紀以上も前の同曲が浮かんできてしまったのにはワケがありました。

 最近、何やらタイヘンなパパが目立ってやしませんか?

 まずは『女性セブン』が「養育費、月額1人1万円」と報じた東出昌大サン(33才)です。後追いした他誌も同調し、月額1万円のスポーツジムに通うのもままならない金欠状態なのだとか。かつてはナショナルクライアント4本のCMを抱え、1本あたりの契約金が3000万円ともいわれた東出サンでしたが、「1000万円減にしても、新たなCMが決まらない」との報道がありました。

 まぁ考えてみれば、東出サンの当時の“お値段”は、イメージ抜群の杏サン(35才)と、彼女がワンオペに近い状態で懸命に育てていた3人の子供さんの良好すぎるイメージが加算されてのものでした。厳しいことを言わせていただけば、1000万円減でも高いくらいなのですよ。

 しかも、コロナ禍で多くの企業は、CMキャラクター選びにより保守的。景気がいいときには存在した自虐的なコピーや内容のCMに、スキャンダラスなタレントを起用することも、なくなって久しいのです。身から出たサビとはいえ、CMオファーは当分ないと思われます。

 その逆で、これからさらに多くのクライアントからオファーが来そうなのは谷原章介サンです(48才)。このたび、『ベスト・ファーザー イエローリボン賞』を受賞なさいました。芸能界でも随一といえる3男3女のパパであり、この4月から担当する『めざまし8』(フジテレビ系)のMCが大好評。授賞式での「毎朝、学校に行く前に(『めざまし8』を)見てくれて1つの新たなつながりができた」や「妻のおかげだと思っています。ぼくのいないときに妻がぼくのことを立ててくれる」なるコメントも100点満点でした。さらに、当日お召しになっていたジャケットは高2のとき、お父様から買ってもらった『ブルックス・ブラザーズ』だったとか。完璧ですね。

関連記事

トピックス