• TOP
  • 国内
  • ワクチン接種直後196人死亡、「打つべき人」と「打たないほうがいい人」

国内

2021.06.20 07:00  女性セブン

ワクチン接種直後196人死亡、「打つべき人」と「打たないほうがいい人」

 不整脈や血栓症などに処方されるワーファリンをはじめとする「抗凝固薬」、いわゆる「血液をサラサラにする薬」を服用している人も要注意。

「それらの薬を服用している人は、血管からの出血が止まりにくくなります。たとえばワクチンによる免疫反応によって毛細血管から出血するようなことがあれば、止まらないと脳出血などのリスクが高まります」(中村さん)

 4月2日には、前日に2回目のワクチン接種を受けた62才男性が自宅の浴槽で意識を失って死亡した。

 男性は肥満体形で糖尿病を患っており、血液をサラサラにする抗血栓薬を服用していた。死因は入浴中の「溺死」だったが、接種により血管性の疾患が生じた疑いがある。

 持病や薬の服用のほかに、上さんが注目するのは「ワクチンの量」だ。

「日本人は欧米人より体が小さいのに同じ量のワクチンを打ちます。日本人女性の平均体重は45kgで、アメリカ人男性の平均体重90kgとは2倍の差がありますが、接種するワクチンの量は同じです。日本は欧米に比べて高齢者の死亡例が多い印象ですが、ひょっとするとワクチンの量が関係しているかもしれません。特に小柄な女性は注意した方がいい」(上さん)

 亡くなった196人のうち103人が40才以上の女性で、同男性の約1.2倍だった。

 死までにはいたらない副反応も女性に多い傾向がある。国内では5月2日までにアレルギー反応を示すアナフィラキシーが起きた107人のうち、実に99人が女性だった。

 海外も同様で、アメリカのCDC(疾病対策予防センター)が約1380万回分の接種データを分析したところ、接種後に副反応を訴えた人のうち78.7%が女性で、スイスでも副反応が出た597例のうち68.7%が女性だった。

「20~30代の女性の50%は、2回目の接種後に37・5℃以上の発熱があるとのデータもあります。接種時の状態によって過呼吸などの症状が出やすくなることも報告されています。

 原因としてまず考えられるのは、エストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンの影響です。女性はホルモンバランスが一定でなく浮き沈みがあるため、どうしても精神的にやや不安定になるためでしょう。

 また、化粧品に含まれるポリエチレングリコール(PEG)はファイザー製とモデルナ製のワクチンに含まれます。過去に化粧品を通じて長くPEGと接触していると接種時にアレルギー反応が生じてアナフィラキシーが発症する可能性があります。あくまで仮説ですが、化粧品にかぶれやすい人は気をつけた方がいいかもしれません」(中村さん)

関連記事

トピックス