• TOP
  • 国内
  • がんステージIVのママ「延命じゃなくて治すための治療がしたい」

国内

2021.06.20 16:00  女性セブン

がんステージIVのママ「延命じゃなくて治すための治療がしたい」

あああああ

退院後、自宅で家族と過ごす(6月)

 21才でステージIVのがんが発覚、23才で出産。もうすぐ1才になる娘を育てる彼女は、5月末に「余命は数週間程度」と宣告を受けた。自宅で家族と過ごしながら新たな治療法を模索する日々の思いを、彼女は克明に日記に書き記していた。

《この前の検査結果だめだった。また治療適応外。進行しすぎてて受けられる治療がない。

 焦りとか不安とかはもちろんあるけど、副作用がない生活できてるのはそれはそれですごくいいのかも。こんだけ探してるのに治療法ないならお休みするのもありなのかなってちょっと悩んでる。

 余命数週間宣告されてから2週間。眠ったらもう目が覚めなくなるんじゃないかって不安で眠れなかったり、寝ても1時間おきに目覚めちゃったり、起きてる時間全部動いてなきゃ不安だったり、いろんな気持ちあるけど、毎日楽しくて幸せに生きてる。今までの人生で1番充実してるかも。毎日好きな人たちに囲まれて生きるの本当に幸せ》(6月10日、インスタグラムより)

 青森県出身の遠藤和(のどか)さん(24才)は、2018年11月、21才のときに「ステージIVの大腸がん」と宣告を受けた。

 約1年後の2019年12月、和さんはかねてから交際中だった遠藤将一さん(30才)と結婚すると、2020年1月に妊娠し、7月には娘を出産した。

 出産に至るまでも、決して平坦な道のりではなかった。

 妊娠中にがんが卵巣に転移し、和さんは妊娠27週に帝王切開で出産することになった。体重980gの超低体重出生児として誕生した娘は、すぐにNICU(新生児集中治療室)に入った。両卵巣の摘出手術を受けるため、和さんの入院生活も続くことになった。

 母子ともに無事でようやく退院できたのが、2020年10月のこと。自宅に戻ってからは、育児の傍ら、通院で抗がん剤治療を続けていた和さん。しかし、今年3月になり、主治医からこう告げられる。

「試せる薬は残り2種類。そのどちらも効かなくなったら、おそらく半年くらいしか生きられないだろう」──。

関連記事

トピックス