芸能

広瀬アリス「妹にはない魅力」カリスマモデル並8頭身スタイル

広瀬アリスを目撃

広瀬アリスを目撃

 地下駐車場で大勢の大人たちが歩く一団の中で、ひと際小顔の女性がいた。6月中旬、映画「地獄の花園」のヒット御礼舞台あいさつ終了後、帰路につく女優の広瀬アリス(26才)である。白いTシャツに、深いVカットの黒いキャミロンパースで、顔の下半分がすっぽり隠れる黒いマスク姿。

 あるベテラン女性スタイリストは「身長はやや高めの165cmで、小さい顔と首の長さも相まって、8頭身ぐらいに見えますね。ものすごく華奢な方ではないですが、健康的でかつ女性らしいスタイル。さすがはファッションモデル出身者ですね」と語った。

 もともと2009年に10代女性向けのファッション誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」でグランプリに輝き、モデルとしてデビュー。3年後には妹の広瀬すず(23才)も同誌の専属モデルに加わり、史上初の姉妹専属モデルとして知名度を上げた。

 前出のある女性スタイリストは「妹すずさんの方が、日本人好みの顔立ちもあって先にブレークしました。でも、姉アリスさんも、ハーフに見られるほどの目鼻立ちくっきりの大人っぽい顔と妹以上のモデル体型で、弱冠18才で女性下着ブランド『トリンプ』のイメージキャラクターに選ばれたほどの逸材でした」と振り返った。

 女優業では、正統派のヒロインが多い妹とも全く違う、コメディエンヌの才能やクセの強い役柄を何でもこなす多彩さで、独自の存在感を確立していった。ある映画製作関係者は「アリスさんの、表情豊かでダイナミックさも繊細さも併せ持つ芝居は、年を追うごとに需要が高まっていっています」と話す。「今後は舞台経験も積み上げて、長所を伸ばしていったら、近い将来の各種映画賞の受賞も十分にあると期待されています」と続けた。

 妹が先に売れっ子となり、NHKの朝ドラヒロインにまでなった女優姉妹というと、1990年代前半を席巻した石田ゆり子(51才)とひかり(49才)姉妹が思い起こされる。当時は「石田ひかりの姉」と呼ばれたゆり子は、その後、妹以上の成功を長く収め続けてきた。アリスも業界内外で、着々と支持を高めてきている。

関連記事

トピックス