ライフ

絵本作家・えがしらみちこ『トラとミケ』で感じた「本当に大切なもの」

第27話「梅天の候」

第27話「梅天の候」より、99才の坂本先生の言葉がしみる

 女性セブンで連載されているマンガ『トラとミケ』の単行本第3巻&LINEスタンプが発売された。さらに、この夏、アニメ化されTwitterで配信することも決定。ひそかに話題となっている『トラとミケ』について、絵本作家・えがしらみちこさんが、その魅力を語る。

 * * *
「自分にとっての幸せって何だろう?」と、よく考えることがあります。

「権威のある賞を受賞して“絵本界の○○”と呼ばれる」「絵本が○万冊売れる」「年商○千万円」

 どれも「わあ、すごい!」と憧れの気持ちはあるけれども、それを手にした途端、虚しさがやってきそうな気がする。受賞や数字というのはひとつの通過点や目安でしかなく、それにばかりとらわれてしまうと、大切な何かが見えなくなってしまうのではないかな、キラキラした何かを追いかけている時の方が、実は幸せなんじゃないかなと思うのです。

 では、砂山から砂金をのこしていくように、いらないものや余計なものを削いでいくと、最後にのこる本当に大切なものは何だろう?

 その答えの端っこが、この『トラとミケ』に描かれているような気がしたのでした。舞台は、名古屋の居酒屋。姉妹のおばあちゃん猫がきりもりし、お客さんとのふれあいが描かれています。

 小説家の夢を持つ若い猫、新しい土地に越してきたひとり親の猫。戦争で友人と死別した経験をもつ占い師、高校の先生だったおじいちゃん猫。集まる猫たちには、それぞれに夢や傷があったり、いままで歩いてきた人生があります。その猫たちが居酒屋で居合わせ、何気ない会話をし、たまにパンチのあるひとことを放ちます。

《どんな決断も時が経ち、振り返って見れば、全てが必然だったと思えるよ》
《幸せも不幸も気の持ちようじゃからな》
《僕は、支えてもらった分、いつか誰かの支えになれればいいなって思っています》

関連キーワード

関連記事

トピックス