国内

同い年の紀子さまと小室佳代さん 2人が歩んだバブル崩壊後の重苦しい時代

紀子さまも丙午生まれ(写真/宮内庁提供)

紀子さまも丙午生まれ(写真/宮内庁提供)

「丙午(ひのえうま)に生まれた女は気が強く、男を食い殺す」──日本には古くからそんな言い伝えがある。丙午は合計60種類ある干支の1つで、順番は43番目にあたる。60年に1度だけめぐってくる干支であり、前回は1966年(昭和41年)だった。もともとは中国で生まれた「丙午の年には天災が多い」という伝承が、日本に伝わるうちに形を変えて、江戸時代に「丙午生まれの女は男を食い殺す」という迷信が生まれたとされる。

 そして、1966年の出生数はその前年と翌年に比べて、格段に少ないという事実もある。単なる迷信であるはずなのに、実際に出生数に影響しているのだ。

 この1966年に生まれた女性芸能人は、小泉今日子(55才)、斉藤由貴(54才)、広瀬香美(55才)、三田寛子(55才)、江角マキコ(54才)、国生さゆり(54才)、鈴木保奈美(54才)など。

 さらに、秋篠宮妃紀子さま(54才)と長女の眞子さま(29才)の婚約内定者である小室圭さん(29才)の母・小室佳代さん(54才)も丙午生まれである。

 そんな2人が20代の1991年、ソ連が崩壊するとともに日本のバブル経済も崩壊が加速していく。1966年生まれの漫画家の西炯子さん(54才)はこう振り返る。

「バブルが弾けると、男性が以前のように女性にお金を使えなくなり、女性の装いがどんどん地味になりました。経済が落ち込むと割を食うのは女性と子供ですよね……。社会が貧しくなったことを肌で感じました」(西さん)

 この年、紀子さまは長女の眞子さまを出産される。

「命名されたのは秋篠宮さまでした。眞子さまの『眞』の字には“自然のまま、ありのまま”という意味がこめられました」(皇室記者)

 眞子さまのご生誕からさかのぼること2週間余り、10月5日に生まれたのが、小室さんだ。紀子さまの出産に向けて国民の祝福ムードが高まるなかで小室さんは産声を上げたのだった。

 佳代さんももちろん、親近感をこめて、紀子さまのご出産の報道を見つめていた1人だろう。

 バブルが崩壊した日本は、この頃から暗い影に覆われるようになる。ここからが紀子さまと佳代さんの子育ての時代である。

 1995年に阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件が発生し、1997年には神戸で連続児童殺傷事件が起きた。

 陰惨な事件の発生とともに、一般の人の経済状況も苦しくなっていった。相模女子大学大学院特任教授でジャーナリストの白河桃子さんはこう言う。

「バブル後にやってきた就職氷河期では、前の時代から打って変わったように、新卒の男性すら正社員での就職が難しくなり、育児後の女性の再雇用はなおさら厳しくなりました。バブル後の『失われた10年』で経済は疲弊し、日本はますます貧しくなりました」(白河さん)

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン