スポーツ

侍ジャパン・オリ山本由伸がホテル密会 お相手は元エース菅野の元カノ

野崎萌香と山本由伸

野崎萌香と山本由伸が目撃された

 7月28日に初戦(対ドミニカ共和国)を迎える侍ジャパン。稲葉篤紀・監督(48)から“開幕投手”に指名されたのはオリックスの山本由伸(22)だ。

「これまで絶対的エースだった菅野智之(31・巨人)がコンディション不良で代表を辞退したいま、今季パ・リーグの投手三冠の山本は、間違いなく投手陣の大黒柱。決勝トーナメントの大一番でもう一度先発できるスケジュールを考えた初戦起用です」(スポーツ紙デスク)

 そんな山本の姿が目撃されたのは7月11日の夜のこと。ペナント前半戦最後の登板(9日)を7回零封で9勝目を挙げた山本は一足先に単身チームを離れ、オールスターまでのつかの間のオフを都内の高級ホテルで過ごしていた。

 この日、山本が夕食に向かったのはホテル隣接のイタリアンレストランの個室。ワゴンに乗せられた前菜やデザートを客が選ぶスタイルの“ひとりメシ”には場違いな店。案の定、そこには待ち合わせの女性2人組がいた。女性2人はいずれもすらりとした長身で、ピンク色のふんわりとしたワンピース姿だ。

 そのひとりはモデルの野崎萌香(31)。連れの女性は野崎の友人で、山本とも親しい様子だった。居合わせた客が語る。

「主に女性たちが会話をリードしているようで、6畳ほどの個室からは笑い声が聞こえてきました。お酒もかなり進んでいたのか、トイレに立った山本投手の顔はかなり赤らんでいましたね」

 19時頃から始まった食事がお開きになったのは22時すぎ。この日の東京はまん延防止等重点措置(まん防)が発出中だったが(翌12日に緊急事態宣言発出)、店では23時の閉店間際まで酒類を提供していた。

 先に店を出たのは野崎と友人で、ヒソヒソ話をしながらホテル棟方向へ。

 残った山本はその直後に店を後にし、ホテルに戻っていく。だが、なぜか客室直結のエレベーターには向かわず、エスカレーターでいったんロビーへ降りる。サインプレーのような示し合わせた動きでロビー階で待っていた2人と再び合流。3人で客室行きのエレベーターに乗り込んで消えていった。

 その間、野崎はずっと山本に寄り添い、友人は一歩離れたくらいの距離感を保っていた。さらに、山本の手には野崎からプレゼントされた大きな白い紙袋が握られていた。

 野崎と友人がロビーに降りてきたのは日付が変わる頃。在阪球団所属で都内での宿泊機会が少ない山本は、野崎との時間を少しでも長く楽しみたかったのだろうか。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン