国内

「五輪欠席」となった雅子さま 背景に国民感情への深いご配慮

東京五輪・パラリンピックを欠席することをご決断された(写真/アフロ)

五輪欠席の雅子さまのお気持ちとは(写真/AFLO)

 7月23日に開幕し、序盤から日本代表選手のメダルラッシュとなっている東京五輪。日本中が沸き返るこの国際的祭典には、令和皇室の新たな「門出」という側面もある。とりわけ、外務省職員として働いた経験をお持ちで、英語も堪能な雅子さまは外交面でのご活躍も期待されていたが、それは叶わなかった。

「美智子さまは、御代がわりの前から“東京五輪は令和の皇室を世界にお披露目する大切な機会”とのお考えをお持ちだったようです。雅子さまもそれはご存じで、だからこそ“ホスト国の皇后”としての責務を果たすため、体調管理に努めてこられたと聞いています」(皇室関係者)

 しかし、最終的に雅子さまが出された結論は、五輪の“全欠席”だった。そこには「国民に寄り添う皇后」としての葛藤があった。

「名誉総裁である陛下はさまざまな行事に出席し、しかるべき役割を果たさなければなりません。ですが、雅子さまはそうした役職にお付きではない。それならば、国民感情に配慮して、できる限り表に出ない方がいいとお考えになったのではないでしょうか」(官邸関係者)

「ワクチン接種」を取ってみても、両陛下のお考えがうかがえる。陛下が1回目のワクチンを接種されたのは、7月6日のこと。

「接種間隔を考えると、2回目の接種は開会式までに間に合わない、遅すぎるスケジュールです。万全の態勢で開会式を迎えられるよう、政府は陛下に早くからの接種を強くすすめたはずです。しかし、ワクチンの供給が遅れ、国民にワクチンが充分に行き渡らない中で、ご自分だけが優先的に接種されることをお認めにならなかった。陛下は“国民に寄り添う皇室”であることを、何より重要視されているのです」(宮内庁関係者)

 そうした陛下の思いを、雅子さまも共有されている。

「雅子さまは現在57才。60才以下の国民の多くがワクチン接種は未完了の中、ご自分だけ優先して接種されたとも考えにくい。さらに、いま打てば “五輪のために優先的にワクチンを打った”という疑念を抱かれかねません。そうしたことから、雅子さまはまだワクチンを打っておられないとみる向きもあります」(前出・皇室関係者)

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン