国内

眞子さま「一時金拒否」も 政府は「いかに穏便に結婚を進めるか」にシフトか

(撮影/JMPA)

渡米する可能性が出てきた眞子さま(撮影/JMPA)

 秋篠宮家の長女・眞子さまが小室圭さんとの婚約内定会見を開いたのが2017年のこと。それから4年間、大きな進展がないままだが、いよいよ事態が動きそうだ。アメリカに留学中の小室さんが、ニューヨーク州の司法試験受験後、そのままニューヨークで就職すると報じられ、眞子さまも渡米する可能性が出てきたのだ。この状況を秋篠宮さまはどのような思いで見つめられているのか──。

 7月30日午前、秋篠宮妃紀子さまは宮中祭祀「明治天皇例祭」に臨まれた。その日の紀子さまは、顔色も優れず、疲弊しきったご様子だったという。

「例祭には眞子さま、佳子さまも参列されました。祭祀を終え、皇居からお車で出られるお姿を拝見しましたが、紀子さまは見るからにお疲れで、眉間に刻まれたしわが深く……。ほんの少し微笑んでくださった後、すぐにうつむいてしまわれたので、無理に明るく振る舞われたのかもしれません」(居合わせた人)

 紀子さまの心情を、ある宮内庁関係者がこう推察する。

「紀子さまは責任感のとても強い方です。それだけに、“自分の子育てに反省すべきところがあるのではないか”と、責任を感じておられるのではないでしょうか」

 紀子さまの“悩みの種”は、ご長女・眞子さまのご結婚問題を置いてほかにないだろう。9月にひかえた紀子さまのお誕生日には、「眞子さまのご結婚の見通し」について発表文書内で触れられる見込みだ。

「先日、東京五輪の閉会式に秋篠宮さまが出席されることが明らかにされた際には、ネット上では“それよりも眞子さまのご結婚問題に早く決着をつけてほしい”という声が相次ぎました。秋篠宮家の方が何をするにつけても、眞子さまのご結婚への疑問符がつくばかり。そうした状況が何年も続き、紀子さまは疲労困憊されているようです」(皇室ジャーナリスト)

 実は、そのような長く暗いトンネルも、すぐそこに出口が見えてきている。それは紀子さまも重々ご承知だろう。ただそれは、皇室や秋篠宮家の将来にとっては明るい兆しであっても、紀子さまにとっては、愛する娘との「長く暗い別れ」を意味する。

地位も名誉も一時金もいらない

 事態は音を立てて動き出している。

《小室圭さん 米の司法試験受験終了 ニューヨークで就職へ》

 明治天皇例祭が終わった直後、驚きのニュースが駆け巡った。5月に米フォーダム大学ロースクールを卒業した小室さんは2日間の司法試験を終え、ニューヨーク州の法律事務所への就職に目処が立ったという。

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
女性セブン