• TOP
  • ライフ
  • 震災を乗り越えた笑顔が集う 日本一の酒どころ灘の角打ち名店

ライフ

2021.08.17 16:00  NEWSポストセブン

震災を乗り越えた笑顔が集う 日本一の酒どころ灘の角打ち名店

PR

 日本一の酒どころと誉れ高い灘五郷のひとつ、“御影郷”地域に店を構える『三好酒店』。阪神電車の御影駅の南側、老舗の酒蔵が集まるこの地で創業百年。

「阪神・淡路大震災が人生の転機になりました」と語るのは、3代目店主の三好成和さん(61歳)。

「この辺は被害が大きくて、うちは建物は残ったけど、店の中がえらいことになっていて。当時、東京で働いていたのですが、勤め先を辞めて神戸に戻って母と一緒に店を立て直しました。

角打ちは長いこと2階でやっていたんですが、母も年を取ってきて階段が危なくなったこともあって、2006年ごろからは1階に場所を移したんですよ」(店主)

ロック好きの店主を囲み、店を愛する常連客で連日賑わう

ロック好きの店主を囲み、店を愛する常連客で連日賑わう

 80代まで現役で店にも立っていたという今は亡き母の意思を受け継いだ角打ちは、『立ち呑み 美よ志(みよし)』と命名した。

「ロックバンドのボーカルもしている趣味人よ」(70代、パート)というダンディーな店主を慕い、常連客で連日賑わう。

 この店の角打ちは2か所ある。店主がライブも開催する酒屋スペースと、もうひとつは、専用の入り口を設けた木の温もり溢れる隠れ家のような空間。

「もう生活の一部、自分の小遣いで気楽に飲めるしなぁ。昔は仕事の接待で銀座、新橋でよう飲んだもんやけどな。定年後はこういう雰囲気が良くて、リーズナブルで、気楽な店がいいよねぇ。

 飲みたいとき飲んで、帰りたいときに帰る、それが一番」(70代)と、白いハンチング帽を小粋に被った年配客が笑う。

「心が落ち着く場所やから、浮気もせず、この店一筋12年。ここで出会った気の合う仲間たちとのんびり飲む時間がほっとするよね」(70代)と、長年通うファッショナブルな年配客もくつろいでいる。

「生まれも育ちも神戸だよ」という粋な地元客の笑顔が弾ける

「生まれも育ちも神戸だよ」という粋な地元客の笑顔が弾ける

「不思議と吸い寄せられる心地いい店。磁石でも仕込んであるんちゃうかな(笑い)。天才料理人もおるしなぁ」(40代、営業)

 その話を聞いて、「誰が天才やねん、やかましいわぁ」と豪快に笑うのは、食材の仕入れから調理、お品書きの作成までこなす、調理担当のイサちゃん(愛称)だ。

「近所でお弁当屋さんをしてたんですが、店辞めてここへ飲みに来ていたら、社長(店主)に手伝ってくれってスカウトされてん(笑い)。もう仕事は辞めよう思ってましたけどね、体がうずうずしてなぁ。料理はすべてまかせてもらって、自由にやらせてもらってますよ」(イサちゃん)

関連記事

トピックス