• TOP
  • 芸能
  • 祝結婚!華原朋美、お相手は「腰が低くてたのもしい」評のやり手

芸能

2021.08.28 16:00  女性セブン

祝結婚!華原朋美、お相手は「腰が低くてたのもしい」評のやり手

(写真/女性セブン写真部)

「大好きな人と結婚いたしました」と報告した華原朋美

 8月17日、YouTubeでマネージャー男性との結婚を発表した華原朋美(47才)。放送作家の山田美保子さんが、結婚までの道のりを振り返る。

 * * *

安室奈美恵さん風ファッションは、いまの彼女のサービス精神!?

 ファンのかただけでなく、多くの皆さんが「何としてでも幸せになってほしい」との願いを込めて想いを寄せる芸能人がいらっしゃるものです。

 皆さんにとって「朋チャン」こと華原朋美サンは、その筆頭というべき存在だったのではないでしょうか。

 一般のかただけではありません。タレントさんの中にも、そう思っているかたは大勢いらしたようで、リモート(限定公開)での結婚報告会見の翌日、『バイキングMORE』(フジテレビ系)が「華原朋美がバースデー婚」を取り上げた際、カンニング竹山サン(50才)や、おぎやはぎの小木博明サン(50才)、矢作兼サン(49才)は異口同音に「本当によかった」と目を細めていらっしゃいました。向かい側で“専門家”として出演していた私も心からそう思っています。

 ですが、1997年、安室奈美恵さんが結婚報告会見をしたときに着ていた「バーバリーブルーレーベル」を思わせるトップスとミニスカで微笑む朋チャンに対しては、「こわい」「闇が深い」という声が少なからずあったようです。

 安室奈美恵さんと朋チャンは、同じプロデューサーの下、ミリオンヒットを飛ばしたライバル同士。確かに深読みしようと思えば、深読みできないことはありません。

 が、あれは、いまの彼女ならではのサービスだったのではないかと私は思っています。根っこの性格は、人間、なかなか変わらないといいますが、考え方や物事の見方は変化していくもの。余裕がなさそうだった頃に比べ、いまの朋チャンからは、“ゆったり感”が伝わってきます。

 これまで朋チャンには何度も心配な時期があったものです。私が当ページでインタビューさせてもらった2003年、朋チャンの口から、「プロダクション尾木」の尾木徹社長への感謝の言葉をこれでもかというぐらい聞かされたものでした。

 朋チャンは、情に厚い尾木さんの想いをきちんと汲み取ることができる女性なのだと少し意外に感じた記憶もあります。それまで、いろいろなことがあった朋チャンのことを、もっと自分中心な女性だと思っていたからかもしれません。

 それよりもさらに前、『さんまのナンでもダービー』(1993~1995年・テレビ朝日系)時代、「華原朋美」になる前の朋チャンと仕事をしていた明石家さんまサン(66才)から、「(松田)聖子チャン(59才)と同じタイプ」と何度も(!)聞かされたことがありました。さんまサン曰く、上昇志向と“ぶりっ子”が共通点と。その後の“シンデレラストーリー”や“たくましさ”も、さんまサンは「似ている」と言っていましたっけ。

 確かに、聖子サンは間違いなくたくましい女性だと思います。直近の週刊誌報道の見出しは「コロナと闘う『松田聖子』40周年やりなおしで“燃える商魂”」でしたからね(苦笑)。

 一方、朋チャンには、とてもたくましいとは思えない時期が何度かありました。衝撃的な報道も数え切れないほどあって、でも、その都度、復活を遂げるも、額面通りには受け取れないような復活劇もあったものです。

 果たして初めての結婚報告は文句ナシに、とってもお幸せそうでしたよね。きっとご主人=「にゃんちゃん」の存在が精神安定剤になっているのでしょう。お仕事の幅を積極的に広げようとなさっているところでもあるようで、取材をしてみると6月にオンエアされた『アウト×デラックス』(フジテレビ系)が本当に楽しかったので、バラエティーには「どんどん出たい」と希望しているそうです。

 歌手としては、5月末の『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)が約2年ぶりの歌唱でしたが、伸びのある声で歌い切った『I’m Proud』に、「泣けた」「グッときた」「昔と変わらない高音」などと視聴者の皆さんから大好評でした。

関連記事

トピックス