• TOP
  • 芸能
  • 戸田恵梨香&永野芽郁、朝ドラのハマり役の要素が生むプラス効果

芸能

2021.09.01 07:00  NEWSポストセブン

戸田恵梨香&永野芽郁、朝ドラのハマり役の要素が生むプラス効果

2020年12月に戸田恵梨香と松坂桃李が入籍を発表(時事通信フォト)

女性視聴者の支持も厚い戸田恵梨香(写真/時事通信フォト)

 戸田恵梨香(33才)と永野芽郁(21才)がダブル主演を務めるドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(以下、『ハコヅメ』/日本テレビ系)。永野が新型コロナウイルスに感染した影響を受けて撮影が一時ストップしていたが、“国民的ヒロイン”の絶妙なコンビ感が話題となり、放送開始から約2か月経った今も高視聴率を叩き出している。主演2人の掛け合いが支持される理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 とある交番を舞台としたお仕事ドラマ『ハコヅメ』が盛り上がりを見せている。物語の中心に立つ永野がコロナに感染したため撮影が一時中断されたが、代わりに「特別編」として過去回を編集して放送。2桁あった初回の視聴率と比べると大きくダウンしてしまったが、この事があって、ヒロインコンビへの応援の声が当初より多く集まっている。共に朝ドラでヒロインを務めた戸田&永野の“組み合わせの妙”が巻き起こす、次なる展開から目が離せないところだ。

 本作は、元警察官という異色の経歴を持つマンガ家・泰三子による『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(講談社)を原作に、戸田と永野を主演に迎え実写ドラマ化したもの。警察官が主役となっているものの、警察・刑事モノの諸作品に見られるような派手な事件が起こることはなく、交番勤務の女性たちのクスリと笑える日常や、彼女たちの赤裸々な本音が語られている点が「とてもリアル!」との反響を得ている。また、「男社会で日常を面白おかしく生きる姿が面白いし応援したくなる」「自分も頑張ろうと思える」など、男性が多い警察の世界を懸命に生きる主人公に励まされている人々も多い印象だ。

 簡単にあらすじを記そう。安定収入を求めて警察官になったものの、ハードな交番勤務に心身ともにボロボロとなり、退職を決意していた川合麻依(永野)。そんな彼女が在籍する交番に、元エース刑事の藤聖子(戸田)が異動してくる。どうやら彼女はワケアリのようだ。こうして2人が出会いペアを組まされることによって、川合は退職するどころか、新人警察官として先輩の藤と奮闘していくことになる。

 本作の最大の魅力は、何と言っても主演の2人の組み合わせ。戸田が演じる先輩警察官は自信に溢れた頼れる女性で、永野が扮する新人警察官は根性が無く、どうにも頼りない。このデコボコな2人のコンビネーションが、絶妙なおかしみを生み出しているのが本作のキモなのだ。先輩後輩という関係ながらも、時には愚痴を言い合い、世の中や男社会に果敢に立ち向かう。それどころか、藤の“気高さ”と川合の“天然さ”の掛け算が、男たちをものともしない痛快なコンビ感を生み出している。

関連記事

トピックス