• TOP
  • ライフ
  • 高齢者の便秘薬と骨粗鬆症薬の併用リスク 嘔吐や虚脱感が生じることも

ライフ

2021.09.10 11:00  週刊ポスト

高齢者の便秘薬と骨粗鬆症薬の併用リスク 嘔吐や虚脱感が生じることも

複数の薬を服用する際には注意が必要(イメージ)

複数の薬を服用する際には注意が必要(イメージ)

 高齢者になれば、服用する薬も増えていくもの。その薬のなかには、健康リスクが指摘される「組み合わせ」もあるという。

 日本病院薬剤師会は2018年2月に『多剤投薬の患者に対する病院薬剤師の対応事例集』を公開。同会は多剤投薬の実態調査の一環として、全国48の病院から対応事例を集積し、内容を精査・厳選したうえで33の事例を詳細に紹介している。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎医師が指摘する。

「年齢を重ねると持病の治療だけでなく、骨の脆さや便秘、睡眠不足といった高齢者によくある不調の予防や改善のために、薬を漫然と飲み続けることが多くなります。こうした場合、知らないうちにリスクのある組み合わせが生じることがある」

 具体的な事例を見ていこう。不整脈の一種である心房細動や糖尿病などを抱える90代男性(別表の症例)は、病院に外来で訪れた際にヒアリングで多剤処方が発覚。処方意図不明ながら骨粗鬆症薬の活性型ビタミンD3製剤を処方されて、強心薬のジギタリス製剤と併用していた。

「骨粗鬆症薬には、血液中のカルシウムを増やして高カルシウム血症となる副作用があります。その状態でジギタリス製剤を併用すると、強心作用が強くなって不整脈が出ることがある。またこの男性のように心房細動の患者に不整脈が生じると、心房内の血液が淀んで固まりやすくなり、脳梗塞を発症しやすくなるリスクがあります」(一石医師)

 さらにこの男性には、糖尿病薬と降圧剤の危ない組み合わせも見られた。

 また加齢で大腸の働きが弱くなり薬に頼る高齢者は多いが、便秘薬(下剤)も組み合わせのリスクが大きい。

「骨が脆くなった高齢者が骨粗鬆症薬と便秘薬を併用すると骨粗鬆症薬の吸収が低下し、効果が弱まることがあります。その際に追加されやすい骨粗鬆症薬の活性型ビタミンD3製剤は、便秘薬と併用すると血中のマグネシウム濃度が上がり、嘔吐や虚脱感などが生じる高マグネシウム血症を起こす恐れがある。最悪のケースでは意識消失や呼吸筋麻痺が生じ、心停止に至るので注意が必要です」(一石医師)

※週刊ポスト2021年9月17・24日号

不整脈の症状が見られる90代男性患者の事例

不整脈の症状が見られる90代男性患者の事例

関連記事

トピックス