国内

小室圭さん帰国で眞子さまと結婚進展へ、注目される「懐事情」は

婚約内定会見(代表撮影

小室圭氏が帰国するが、今後の収入などはどうなるのか(代表撮影/雑誌協会)

〈小室圭さん、米国から帰国へ〉──9月16日の昼に報じられたこの速報は、また多くの国民から批判を呼んだ。その多くは、小室氏の母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて進展がみられないまま結婚を強行しようとする姿勢に対するものだった。宮内庁は、帰国した小室氏と眞子さま2人での記者会見を検討しているという。そこで、金銭トラブルについて国民が納得いく説明がされるかどうかが注目される。

 眞子さまと小室氏の結婚問題において、金銭面の不安を指摘する声は根強い。小室氏はニューヨークへ3年間留学したが、授業料免除の奨学金こそ得ているものの、その他の費用の多くは「借金」で賄っているとみられる。そうした状況にもかかわらず、小室家の資産状況がどうなっているのか、実はよくわかっていない。過去の報道や独自調査を元に、あらためて検証しよう。

 金銭トラブルの当事者である小室氏の母・佳代さんの生活はどうなっているのか。夫・敏勝さんが2002年に亡くなってから、佳代さんは目黒区の有名ケーキ店で働いていた。その給与と敏勝さんの遺族年金が収入の柱とされていた。

『週刊現代』(2018年3月3日号)は〈2010年9月に婚約したとき、小室家の収入は彼女のケーキ屋のパートが月12万円に、遺族年金が月9万円でした〉という元婚約者の証言を掲載している。この証言が事実なら、佳代さんの年収はケーキ店の給与144万円と遺族年金108万円で、およそ252万円と考えられる。

 ただし、6月22日に発売された『週刊文春WOMAN』では、佳代さん本人が〈実は正社員なんです〉とコメントしている。

 就職サイト「リクナビNEXT」の同店の求人情報によれば、正社員の待遇は「月給21万円以上、賞与年2回」となっている。正確な数字はわからないが、佳代さんの収入は元婚約者の証言を上回る可能性もありそうだ。

 前出の『週刊文春WOMAN』では、高齢の実父と同居しているという新情報も明かされた。父親の年金も小室家の生活費の柱となっている可能性がある。

 なお、佳代さんが暮らす横浜市内の約50平米のマンションは、賃貸ではなく持ち家だ。週刊ポストは、ACCESS税理士・不動産鑑定士事務所の植崎紳矢代表の「東急東横線が利用できるエリアで、都心にも横浜方面にもアクセスしやすく、ファミリー層に人気の地域です。このマンションは築27年ですが、2000万~2500万円の資産価値があると見込めます」というコメントを紹介している。

関連記事

トピックス