国内

小室圭さんロン毛論争に終止符 NY人気美容師「全然流行ってないですよ」

NY帰りの小室さんの髪型だけに注目が集まったが…

NY帰りの小室さんの髪型に注目が集まったが…

 秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さん。帰国直前にテレビ局の直撃取材を受けた際、そして帰国した際の映像で多くの人の度肝を抜いたのは、テレビカメラに捉えられた小室さんの変貌ぶりだろう。長髪をポニーテールにしておでこ全開、鋭角に上がっていた眉も平行に整えられていた。

 宮内庁関係者は、「小室さんの様子は、当然、皇族方もご覧になっています。職員の間では、”あんな髪型が続くのであれば、美智子さまは心を痛められてしまうのでは”と心配する声もありました」と語る。

 美智子さまのその心情を、別の宮内庁関係者はこう語る。

「小室さんはこれまで、ご自身もかかわりが疑われる金銭トラブルを解決することも秋篠宮さまへの十分な説明もないまま渡米したり、婚約内定前のこととはいえ、上品さに欠ける写真が流出したり、いじめ疑惑が持たれたりと、皇室に求められる立ち位置とは大きく乖離していました。

 今回のロン毛についても同様です。アメリカは自由、髪型も自由というのはひとつの真理です。しかし、皇室という歴史と伝統を重んじる立場からは、 “身だしなみを整える”という意識の欠如に見えるのもまた真理。上皇后さまもそうした面は悲しまれるでしょう」

 しかし、一部では「男前になった、格好良い」「流行に乗っているだけだ」という声も上がっている。

 キャスターの木村太郎氏が9月26日、「Mr.サンデー」(フジテレビ系)に出演。「ニューヨークで流行っている最先端の髪形」と説明したうえで、「床屋さんがしまっちゃったんですね。それをいいことに、これまで長い髪をやりたいなと思っていた人が、それを口実に伸ばし始めたんです。床屋さんが開いたのに、来る人がいまだに6、7割で、長い髪でいたいと。それも弁護士とか銀行家とかそういう人が多いんです」さらには、「みんな『ブラッド・ピットみたいな髪形にしてくれ』って言うんです。ブラッド・ピットがアカデミー賞の授賞式でしていたんですね。だから最先端の髪の毛なんです」と続けるのだ。

 旧皇族の竹田家出身の作家・竹田恒泰さんも自身のツイッターで「いまNYでは、メンズのポニテが流行している」「KKはNYスタイルを日本でアピールしようとしているのかもしれない」と語っている。

 はたして、小室さんのロン毛姿は流行の最先端なのだろうか。ニューヨークで活躍する人気美容師Aさんに取材をしてみた。すると早速、「ヘアスタイルについてですが結論から言いますとニューヨークでは男性の、小室さんのようなロングヘアは流行ってはいないです」と切り捨てられてしまった。

 さらにAさんは、「ただ、多民族が暮らすニューヨークでは、そもそも流行りなどはなく、髪型だけでなく、服装や体型などそれぞれの個性として自由度が広いと思います」と解説。

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン