芸能

母親孝行に?朝ドラ好評の坂口健太郎が再来年の大河『どうする家康』に出演

坂口

大河出演が決まった坂口健太郎

 10月29日の最終回を目前に控えたNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』。放送中、話題を独占したのが、坂口健太郎(30才)演じる若手医師・菅波光太朗先生だ。物語の舞台の1つ、宮城県登米市の診療所に通ううちにヒロイン・百音(清原果耶・19才)と知り合い、少しずつ距離を縮めていくのだが、人気を集めているのは、彼の格好よさではないところにある。

 菅波は愛想がなく無骨、視聴者がヤキモキするほど不器用ながら、それを上回るほど誠実で、彼の一挙手一投足から目が離せなくなってしまうのだ。その人気は高く、菅波が劇中で愛用するサメのキーホルダーを模した商品が9月21日に発売されるも、即完売し、入荷待ちの状態となった。

 不器用系男子という新ジャンルを確立した坂口は、今後も期待作への出演が続く。10月19日にスタートするドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)では清野菜名(26才)とW主演を務める。

「新しい現場に入ったばかりの坂口さんは、休憩中に、スタッフ全員の名前を忘れないように、指を折りながらブツブツと唱えている姿がよく目撃されています(笑い)」(ドラマ制作スタッフ)

 2022年春には映画『余命10年』が公開予定だ。

「昨年から1年かけて四季のシーンを撮影した大作で、坂口さんは主題歌のRADWIMPSの曲を聴いて涙し、『これは自分の代表作になる』とスタッフに力強く語ったそうです」(映画関係者)

 坂口は2010年に男性ファッション誌『MEN’S NON-NO』でモデルデビュー。2014年からは俳優業にも進出し、目元がシャープで唇が薄い「塩顔男子」としてブレーク。当然のように、プライベートでも女性の影が見え隠れする。

「彼は朝ドラヒロインキラーでもあるんです」

 と言うのは、NHK関係者だ。坂口は、『あさが来た』(2015年)の波瑠(30才)、そして『とと姉ちゃん』(2016年)の高畑充希(29才)との交際が報じられてきた。

「特に高畑さんとは4年に及ぶ大恋愛でした。半同棲をしていた時期もあり、結婚もあり得るとみられていたのですが、昨年末に破局。正統派女優との交際は、彼のイメージ通りだったのか、女性人気は落ちていないようです」(前出・NHK関係者)

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン