ライフ

推理作家協会賞受賞の降田天 2人で推敲を重ねる作家ユニットの創作形態

降田天が新作について語る

降田天が新作について語る

【著者インタビュー】降田天/『朝と夕の犯罪』/KADOKAWA/1870円

「元々お話は作りたいけど特に書きたくはなかった」プロット担当の萩野瑛氏と、「物語を書きたいのに作れなかった」鮎川颯氏による、「2人で1人のミステリー作家ユニット」、降田天。

 注目の最新作『朝と夕の犯罪』は、2018年の日本推理作家協会賞受賞作を収めた短編集『偽りの春』に続く神倉駅前交番シリーズ初の長編。が、わけあって県下の小京都で交番勤務に励む〈狩野雷太〉が、鬼気迫る名推理を発揮するのは後半、第二部に入ってから。その前段となる第一部には〈アサヒとユウヒ〉という数奇な縁で結ばれた兄弟の過去や再会、彼らが企てた〈狂言誘拐〉の顛末までが綴られ、手に汗握る展開に心躍るが、問題はその後だ。

 いったん幕が下りたかに見えたその犯罪には続きがあり、人間の宿業や社会の歪みを背負わされた小さき者たちの悲劇は、終わってなどいなかったのである。

 22年前に大学のサークルで出会い、2009年に鮎川はぎの名義でデビューした前後に同居生活を開始。各登場人物の性格まで書きこんだ萩野氏のプロットを「共同の食事スペース」で再度練り、鮎川氏がそれを小説化した後も2人で推敲を重ねる創作形態を、続けてきた。

萩野「本作でいえばまず、狩野雷太物で長編をという、このシリーズの前担当編集者のリクエストと、前に一度書いてボツにした、兄弟による犯罪の物語の設定を『やっぱり使いたいね』と鮎川と話したこと。そして『次は誘拐でいきましょう』って、あれもその編集者のリクエストです」

鮎川「2人で1人と言えば『99%の誘拐』の岡嶋二人さんですし、『私たちも誘拐、いつかやらなきゃ』って」

萩野「でも難しいんですよ、誘拐って。考えるのも書くのも。ただでさえ当時は警察捜査にも詳しくなく、あえて狩野をコロンボとか古畑みたいに王道を外れ、人をやたらイライラさせる、変わった警官キャラに設定したくらいだったから。その点、狂言なら多少はハードルも下がりますし、あくまで主眼は彼らがなぜその犯罪を企てたかという動機や背景にあったので」

〈黄色は「進め」だ〉〈それが“お父さん”から初めて教わったことだった〉〈赤は止まれ。青は進め。黄色は全速力で突っ込め!〉

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
マネーポストWEB