芸能

寺田理恵子さん 夫の遺品をリメークするのが「私にとっての感謝離」

元フジテレビ女子アナウンサーの寺田理恵子さん

元フジテレビ女子アナウンサーの寺田理恵子さん

 夫が亡くなった後、葬儀、埋葬、相続などさまざまな手続きに追われ、生前に愛用していた品々に手をつけられないまま年月が経ってしまうことが多い。悲しみをどう乗り越え、遺品をいかに整理し、処分すればいいのだろうか──。

 フジテレビの元アイドル女子アナで、現在はフリーアナウンサーの寺田理恵子さん(60才)が夫(享年53)と死別したのは、いまから9年前のこと。シャワーを浴びていた夫が突然うめき声をあげて倒れたのだ。

「呼ばれた気がして浴室に駆けつけるのとほぼ同時に、大きな音を立てて倒れました。外から声をかけても返事がない。倒れた際に体がドアをふさいでしまって開けられない。もうパニックでした」(寺田さん・以下同)

 救急隊が到着してドアを壊して救出し病院に運ばれたが、「大動脈破裂」で死亡が確認された。

視界に入る夫のものを一気に処分した

「裸の主人を包むため、救急隊のかたから『毛布か何かありませんか』と言われ、寝室にあった毛布を手渡しました。その毛布は紙袋に入れた状態で返却されたことを覚えています。いま考えると、主人が最期に身にまとっていたものだから、とっておいてもよかったと思うのですが、そのときは、もう目にするのも嫌で、紙袋に入ったまま捨ててしまったんです」

 これが最初に手放したものだった。そして葬儀の翌日には、目に見えるところにある夫のものは、一気にすべて捨ててしまった。

「その頃、『とんび』(TBS系)というドラマで、奥さんを事故で亡くした後、夫がエプロンから何からすべてを捨ててしまうシーンを目にしたんです。それを見てボロボロと泣きました。

 思い出の品を捨ててしまうなんて、それまでは理解できませんでしたが、ドラマを見てどこか共感できたんです。『前に進まなくちゃ』という自分の気持ちと重なったんですね」

 とはいえ、すべてのものを処分したわけではない。

「浴室ドアのガラスはすぐに直しましたが、床やタイルはいまも傷がついたまま。しばらくは浴室に近づくことすらできず、家族で銭湯を利用していました。寝室に入るのもなんだか怖くて、必要なものを取りに入らなくてはいけないときは娘についてきてもらっていましたが、夫のクローゼットには近づくことさえできなかったんです。だから、衣類などの愛用品は、まったく手つかずのままでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン