スポーツ

「逸材左腕」が目白押しのドラフト 神奈川名門同士のライバルの行方は

東海大相模の左腕、石田隼都投手(時事通信フォト)

東海大相模の左腕、石田隼都投手(時事通信フォト)

 10月11日に行われるプロ野球ドラフト会議。今年はコロナの影響もあり各球団とも指名選手の絞り込みに苦戦しているが、もっぱら「左腕に逸材が多い」と評判だ。中でもスポーツライターの大利実氏が注目しているのは、高校野球屈指の強豪が揃う神奈川の名門校同士で鎬を削ってきた“2人の左腕”の行方だ。

 * * *
 今年のドラフト戦線は、山田龍聖(JR東日本)、隅田知一郎(西日本工業大)、佐藤隼輔(筑波大)、山下輝(法政大)、桐敷拓馬(新潟医療福祉大)ら社会人・大学の逸材左腕が上位候補に挙がり、「高校生BIG3」と呼ばれる風間球打(明桜高)、小園健太(市和歌山高)、森木大智(高知高)を含め、1位指名12枠の大半が「左腕投手」で占められる可能性が高い。

名門校同士で意識し合う「ライバル左腕」

 毎年コンスタントに上位指名を輩出する神奈川の高校からは、12名の選手がプロ志望届を提出した。

 2013年の松井裕樹(桐光学園高/東北楽天)以降、2015年の小笠原慎之介(東海大相模高/中日)、2016年の藤平尚真(横浜高/東北楽天)、2019年の森敬斗(桐蔭学園高/横浜DeNA)と、1位指名が4人生まれているが、今年も楽しみな選手が多い。

 実績で言えば、今春センバツで29回1/3を無失点に抑えて優勝投手に輝いた左腕・石田隼都(東海大相模高)がナンバー1。ストレートの平均球速は130km台後半だが、腕を振って投じるスライダー、チェンジアップとのコンビネーションに長け、総合力に優れる。183cm・75kgの華奢な体がプロ仕様に成長すれば、先発ローテで活躍できる可能性を秘める。

 ポテンシャルで見れば、最速148kmを誇る速球派左腕・金井慎之介(横浜高)も負けていない。183cm・78kgと、石田と似たような体格だ。高2春の時点で、1学年上の松本隆之介(横浜DeNA)を視察したスカウトが、「今年のドラフトでも指名される素材。ストレートのキレが抜群」と興奮気味に話していたことがあった。その後、左ヒジのケガで苦しんだが、3年夏に向けて少しずつ状態を戻してきた。進学を勧める声もあるなか、自らの意思でプロ志望届を提出した。

 栃木出身の石田が、「神奈川で高校野球をやると決めてから、『横浜に勝って甲子園』をずっと思い描いていた」と話せば、金井は「どんなゲームでも動じずに投げる、石田くんの気持ちの強さを見習いたい」と同じ左腕として強く意識する存在だった。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン