国内

現役ヤクザが語るヤクザ映画への不満「あんなにすぐ撃たない」

「仁義なき戦い」などのヤクザ映画は印象深いが、実際は?(写真は菅原文太/共同通信社)

「仁義なき戦い」などのヤクザ映画は印象深いが、実際は?(写真は菅原文太/共同通信社)

 義理と人情を描くヤクザ映画はいつの時代も映画ファンたちを魅了してきたが、本物のヤクザの目にはヤクザ映画はどのように映るのか? ライターの鈴木智彦氏が現役組員100人にアンケートを実施。彼らの見解を問うた。鈴木氏が綴る。

 * * *
【問】「ヤクザ映画はリアルか、マンガか」

・リアル 3人
・あり得ない 58人
・どちらともいえない 32人
・フィクションにその質問は野暮 7人

「マンガ」という表現は関西ヤクザがよく使う。絵空事、空想、フィクション……荒唐無稽や捏造の比喩にもなる。ヤクザ映画がリアルだと答えた現役はごくわずかだった。否定派が圧倒的だった結果をみて、多分にこちらの聞き方が誘導尋問的だったかもしれないと反省した。

 今回はアンケート用紙を渡して回答を集めていない。100人すべてに電話と対面取材を行ない集計している。ヤクザ取材をしている私自身が常々、ヤクザ映画は嘘くさい……正直にいえば観るに堪えないと感じているので、「観てて腹立ちませんか?」「イライラしませんか?」など、反感を前提として質問してしまった。

「あんなにすぐ撃たない」、「組事務所に拳銃は置かない」、「観たら腹が立つだけ」という回答は当事者にすれば当然だろうが、本当に気になっているのか微妙だ。

 とはいえ、ヤクザ映画の全盛期はリアルにこだわりがあった。本物のヤクザを指南役にして、イカサマ博奕を描いたり、現役組員がエキストラとして出演した。映画会社の束縛を逃れ、勝プロダクションを設立した勝新太郎は、『顔役』というヤクザ映画でボンノこと三代目山口組・菅谷政雄に協力を求め、名媒酌人として有名だった義信会・津村和磨に出演を依頼した。一部の俳優をのぞき、盃事の場面に出席しているのは、すべて現役組員だ。

関連記事

トピックス