• TOP
  • ビジネス
  • 大学全入時代に立ちはだかる「キャンパス移転」 青学、中央など都心回帰の行方

ビジネス

2021.10.13 07:00  NEWSポストセブン

大学全入時代に立ちはだかる「キャンパス移転」 青学、中央など都心回帰の行方

青山学院大学(東京・渋谷区)

青山学院大学(東京・渋谷区)

 いよいよ大学全入時代の到来だ。

 日本私立学校振興・共済事業団によると、今年の私立大学の総入学定員は49万5162人だったが、入学者数は49万4213人にとどまり、入学者が定員を949人下回った。これは調査開始以来はじめてのことだという。受験生が希望を別にすれば、どこかの大学に入学できるということだ。

 定員充足率は99.81%で、昨年の102.61%から2.8ポイントのダウン。定員割れ大学も277校、全私立大の46.4%に達した。

少子化で進められた大学の「都心回帰」

 こうなった理由は大きく2つある。ひとつが受験生数の減少だ。高校卒業者数は2.6%減、浪人生は2割と大きく減少した。

 今年の入試はセンター試験が共通テストに替わるなど、大学入試改革が行われたため、浪人せずに昨年の内にどこかの大学に入学する受験生が多かったようだ。さらに、留学生の減少も大きく影響したとみられる。コロナで留学生が入国できずに、大学入学できなかったからだ。

 定員充足率を地域別にみると、3大都市圏が100.56%だったのに対し、それ以外は97.3%だった。今年の入試では地元志向が強かったが、やはり受験生の多い大都市のほうが入学者は多かった。

 今後も少子化は進行し、18歳人口も減少する。大都市圏への人口集中が起き、大学も学生募集を行うのなら大都市圏でとなる。さらに、人口が密集する都心のほうが、交通の便が良くて通いやすく、様々な面でメリットがある。そのため、大学も都心へのキャンパス移転を積極的に進めてきた。

キャンパス移転を進めてきた主な大学

キャンパス移転を進めてきた主な大学

関連記事

トピックス