国内

眞子さまご結婚「先の生活をご自身の意思で決められた」ことの意味

(写真/時事通信社)

結婚の形態が多様化し、自由になったからこそおふたりの選択にさまざまな声が集まった(写真/時事通信社)

 生まれて初めて家族と離れ、ニューヨークの恋人のもとに身ひとつで嫁いでいく、前代未聞のプリンセス・秋篠宮眞子さま(29才)の動向を全国民が注目している。

 10月26日にご結婚される眞子さまと小室圭さん(30才)。皇籍離脱に伴う1億4000万円の一時金は辞退する方針で、周囲の猛反対にめげずにすべてを投げ捨て、ふたりの純愛を貫く、まさに「駆け落ち婚」。

 結婚式の真っ只中に駆けつけた男性が花嫁をさらっていく映画『卒業』や、何もかも捨て、夫となる人のもとに旅立つ女性の心境を明るく歌い上げた歌謡曲『花嫁』など、駆け落ちは、古今東西ロマンチックな物語の格好の題材として取り上げられてきた。しかし、すべてを捨てて愛を成就させた“その後”が語られることはほとんどない。

「あの人さえいれば、もう何もいらない」

 その一心で手に手を取って駆けだしたふたりをその後、どのような運命が待っているのだろうか──。

女性の人格的尊厳を無視する貴方に永久の訣別を

《この手紙により私は金力を以て女性の人格的尊厳を無視する貴方に永久の訣別を告げます》

 これはちょうど100年前、大阪朝日新聞に掲載された“離縁状”だ。送り主は明治から昭和を生きた美貌の歌人、柳原白蓮。25才年上の筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門に嫁いでいた人妻の身ながら7才年下の弁護士・宮崎龍介と禁断の恋に落ち、大正10(1921)年に駆け落ちした。その際、伝右衛門にあてたのがこの離縁状だった。

 家のために愛のない結婚をし、家に縛られる女性が多かった当時、この檄文は大反響を呼んだが柳原伯爵家の令嬢だった白蓮は華族から除籍された。当時、駆け落ちは命がけで行う女の“自立表明”だったのだ。一世紀が経過したいま、女性と結婚を取り巻く状況は大きく変わっている。女性問題に詳しいジャーナリストの白河桃子さんが指摘する。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン