芸能

杏、激怒 新恋人発覚の東出昌大が「月1万円養育費」を一方的に振り込む

杏の養育費は

杏サイドへ払われる養育費は子供1人当たり月1万円、合計3万円だという

 離婚から1年が経過しての熱愛報道。もちろんお互い独身。本来なら祝福の声があってもおかしくはないが……再び女性問題で物議を醸した東出昌大(33才)が窮地に陥っている。今度は芸能生命、さらには父親としての権利すら奪われる可能性が出てきた。

 それは、迷いをすべて取り払ったような、どこか吹っ切れた笑顔だった──。10月14日、フランス大使館で開催された『フランス映画祭2021 横浜』の記者会見にフェスティバル・ミューズとして登場した杏(35才)。

 シャネルのロゴがあしらわれた純白のノーカラージャケット&スカートに、キラキラ輝くベルトやピアスまでシャネルという装いで、会場を魅了した。記者からの「フランスに住みたいですか?」という問いかけに、「はい、そうですね」と笑顔を見せたが、これはリップサービスではない。フランスへの移住。それは、彼女がいま切望していることであり、同時に元夫への絶縁を意味する。

 会見では終始笑顔を見せていた杏だが、この前日、彼女の心を大きく波立たせる出来事があった。それは、元夫・東出昌大の熱愛報道だ。『文春オンライン』によれば、東出は数か月前から20代のハーフ美女・A子さんと交際。A子さんの部屋の合鍵を持ち、足しげく通うばかりか、10月上旬、新作の撮影のため滞在していた広島県呉市内のホテルに彼女を呼び寄せて3連泊させていたという。

「このコロナ禍で、しかも未発表の作品のロケ地に交際相手を連れ込んだことに東出さんの所属事務所は激怒しています。そもそも東出さんは昨年1月、女優の唐田えりかさん(24才)との不倫が報じられ、出演していた4本のCMが契約解除になるなど、事務所は大打撃を受けました。

 2億円ともいわれる違約金を事務所が肩代わりしたのも、彼に反省を促し、今後を期待していたからこそ。撮影中の新作だって、周囲のかたがたが頭を下げて獲得したもの。それなのに、東出さんは恩をあだで返すような行動をとった。事務所幹部の怒りはすさまじく、東出さんは謹慎、あるいは解雇の可能性もゼロではありません」(芸能関係者)

 この新恋人・A子さんの素性も東出の“学習能力”のなさを露呈した。A子さんは一般人だと報じられたが、インターネット上ではちょっとした有名人で、インスタグラムでもかなりのフォロワーを持つインフルエンサーだ。

「実は、A子さんは自分のインスタのストーリーに、東出さんとの写真を何度か公開していたんです。以前から知り合いの間では“もしかしてつきあってるの?”と話題になっていました。このような匂わせ投稿が何度かあり、交際情報が広まってしまったんです」(東出の知人)

関連記事

トピックス