国内

「眞子さま、小室圭さんと再会で涙」報道でも拭えない金銭トラブル問題

武蔵野陵を訪れた

眞子さまが「涙」との情報も(写真は10月12日に武蔵野陵を訪れた際。雑誌協会代表取材)

 いよいよ婚姻届提出まで1週間を切った、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん。10月18日には小室さんが東京・元赤坂の赤坂御用地を訪れ、眞子さまと約3年ぶりに再会し、秋篠宮ご夫妻に結婚の挨拶をした。赤坂御用地には3時間半ほど滞在したが、デイリー新潮によると秋篠宮ご夫妻は昼過ぎから公務が入っていたこともあり、小室さんと向き合われたのは30分ほど。そのあとは眞子さまと小室さんが記者会見に向けた打ち合わせなどをしていたという。

 その3年ぶりの再会で「涙」の場面があったと報じられたことに、大きな反響が広がっている。

〈眞子さまと小室圭さん「3年ぶりの再会」は静かな涙に包まれていた〉というタイトルの記事を配信したのは、FRIDAY DIGITALだ。「玉砂利を踏みしめる小室さんの足音を聞いて、眞子さまは涙ぐんでいました」という宮内庁関係者の証言を報じている。

 愛を貫いた2人の感動の再会場面を伝えるとともに、最愛の娘を送り出す秋篠宮ご夫妻の親心を報じた記事だ。

 それに対し、SNS上では「若い2人の門出だから、頑張ってほしい」「眞子さまの幸せを願い受け入れた秋篠宮さまに泣いた」といったコメントがあった一方で、「泣きたいのは税金を使われている国民のほう」とする意見も数多く上がっていた。

 結婚を来週に控えた中でもこうした声が止まないのは、やはり小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルや、これまで報じられた遺族年金の不正受給疑惑などについて国民の納得がいく説明がなされていないことが大きいだろう。さらに、それらのトラブルに端を発して小室さんや佳代さんの周辺に厳重な警備が敷かれたことで、税金が投入されていることへの批判の声も少なくない。皇室ジャーナリストが語る。

「赤坂御用地での再会時には、小室さんが秋篠宮ご夫妻に母親のトラブルについて時間をかけて説明したという報道もありました。ですが、限られた時間の中で秋篠宮さまがご納得いく説明があったかどうか……。いずれにしても、3年間も“遠距離恋愛”を貫いた眞子さまのご覚悟を、秋篠宮さまが認められたということだと思います。

 10月26日に予定されているお二人の会見では、佳代さんの金銭トラブルについて触れないわけにはいかないでしょう。しかし、ここでもやはり国民の納得を得られる説明がされるかどうかは不透明です」

関連記事

トピックス