芸能

徳光和夫が振り返る日テレ入社時 「僕以外はエリート集団だった」

日本テレビ入社が決まった後、大学の卒業試験で…

日本テレビ入社が決まった後、大学の卒業試験で…

 あるときは涙もろい好々爺、あるときは無類のギャンブル狂。果たしてその正体は──。初の自伝『徳光流生き当たりばったり』(文藝春秋刊)を上梓した「徳さん」こと徳光和夫(80才)に、プロインタビュアーの吉田豪氏が迫った。週刊ポスト2021年10月29日号掲載記事の超ロングバージョンをお届けします。(全4回の第1回)

徳光:(いきなり紙袋を手渡して)吉田さん、これどうぞ。近所で買ってきたケーキです。あと、(本を出して)これ読みました!

吉田:『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』(白夜書房刊)って、いちばん徳光さんとは無縁の本ですよ!

徳光:あらためて吉田さんはすごいと思って。僕が吉田さんを知ったのは長男なんですよ。サントリーに勤めている長男が、抜群に面白い対談本があるって言ってて、読ませてもらって。僕たちアナウンサーはインタビュアーとしてある意味でプロの世界なんだけども、こういう聞き方、こういう掘り下げ方、こういう引っ張り出し方はできないなと思って。

吉田:ありがとうございます。ただ、水道橋博士が吉田豪の取材を受けてくださいと何度言っても、「彼は知りすぎた男だからダメ」と徳光さんが言ってたと聞いてます(笑)。

徳光:そんなことを言ったことないと思うんだけど(苦笑)。ただ、僕は取材を受けるような対象の人物じゃありませんし、今回の本(『徳光流生き当たりばったり』)も活字っていうのは僭越だと思ったしね。だいたい生放送で生きてきた人間で、口先職人ですから。しゃべったことはその場でとにかく廃棄処分するみたいなかたちで今日まで来たのでね。そういうようなこともあって、対談を受けても内容がないというふうに、自分の中で思ってたんでしょうね、正直。

 だいたい吉田さんのインタビューを拝読していると、ちょっとこっちに逃げようかなと思ったらすぐそっちに壁ができたりするし、面白いんだけど、そういう見事な攻め方をされますからね。逃げ場を失うと自分のボロが出ちゃうなっていうふうに思ったのかもしれませんね。

吉田:今回こういう本が出たりとか、こういう取材を受けてくれたりするのは、何か心境の変化があったのかなとか思ったんですよ。

徳光:まあ80歳だしね。僕も、残すところそれほど人生長くもないわけだし…… やっぱり本を売りたいからね。吉田さんは仮面をかぶっている常識人と、それから、もしかすると一回ぐらいは薬物を使ったんじゃないかなと思うような人たちに至るまで、ホントに同じようなスタンスで、同じ距離感でものを聞くじゃないですか。あれはよくできるね。

吉田:ダハハハハ! そういうことは徳光さんも相当やってきてるんじゃないですか?

徳光:やってないね。僕は決定的に吉田さんと違うのは、アナウンサーって下心じゃないんですけど、やっぱり嫌われたくないっていうところがあるわけですよ。テレビで仕事をしておりますと、無意識のうちに好感度を意識するんだろうね。終わったあとでもう一度来たいなと思うようなインタビューで帰す。ホントに核心は突けないんだよ。だからキャスターにはなれなかったんです、報道番組をやってましたけど。キャスターっていうのは、招いたゲストに対して、その人を裸にするぐらいの気持ちでやらなきゃいけなくて。

吉田:相手に嫌がられるぐらいのことを腹を括って聞かなきゃいけない仕事ですよね。

徳光:うん。それにはそれだけの勉強もしてなきゃならないし。僕はアナウンサーだから、報道番組でニュースを担当させていただいたときも、たとえば司法の現場に行ったりとか、政治の現場に行ったりとか、外交の現場に行ったりっていうことはほとんどしないわけですよね。記者が取材してきたものを、せいぜい自分の言葉に直して伝えるぐらいだったんです。

 ゲストが来たときも、今度はアナウンサーとしての性分が出ちゃって、もう一度、この番組に出てみたい、そういった気持ちになるような聞き方をいたしますので。吉田さんがすごいところは、吉田さんのインタビューを受けた人はまた受けたいと思ってるんだよね、この本を見ているとね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン