ライフ

危険なSNS 投稿から留守がバレて空き巣被害、Vサインから指紋盗られる

防犯

写真を位置情報付きで投稿するのは危険

 さらに、解像度の高くなった写真を解析する“特定班”という人たちもいる。

「若者には知っている人が多いですが、目や車のボディーへの写り込みから、どこで撮った写真かのヒントを探し出し、候補地を絞り、グーグル・ストリートビューを細かくチェックして自宅の場所を特定できます。それが、お金につながる場合は犯人側も真剣なので、何でもない写真からでも個人情報を類推するのです」

 窓からの風景や雷、虹、ゲリラ豪雨などの自然現象、そして停電を投稿するのも自宅特定につながるのでNGだ。

「これらが何時何分にあったかをSNSに投稿すれば、自宅がどの辺か類推される可能性があり、窓からの景色がわかれば大きなヒントになります」

 さらに、Vサインをした写真投稿や、SNSで知り合った人による詐欺も要注意だ。

「Vサイン写真から指紋を盗られるリスクがあります。指紋を盗られると指紋認証が広がる時代に大きなマイナスを負うことになります。記念写真を撮る際は、指紋をカメラに向けない裏Vサインのポーズで撮るのがおすすめです。

 また、SNSで知り合った人による詐欺も増えており、安易な儲け話には絶対に乗らないことです」

 犯罪に巻き込まれないために、どんな犯罪が起きているかを知ることも大切。正しいスマホ活用術を身につけて、安全で快適なスマホライフを楽しもう。

こんなケースも気になる!

相談1:SNSで知り合い恋した異性がトラブルでお金が入り用に!

 SNSで交流を深め、恋愛感情を抱かせてからお金を騙し取る手口。「いわゆる国際ロマンス詐欺ですね。会ったことがないのに、会社が傾いているので助けてほしいなどと言われると、被害者はもう結婚するつもりでいるのでバンバンお金を渡してしまうのです。お金の話が出たら、まずは誰かに相談を」(高橋さん)。

相談2:50万円預けてくれたら毎月5万円の儲けが出ると誘われ、迷っています。

 典型的な投資詐欺。「だいたい2か月は利益を出すんです。50万円預かったら5万円を2回支払って、そこから連絡がとれなくなるパターンが多い。投資は資金が0円になる可能性もあるので、資金を集めた人が実際に投資をしていなくてもそれを裏付けるのが難しい。そんな甘い話はないと覚えておきましょう」(佐々木さん)。

取材・文/北武司 イラスト/サヲリブラウン

※女性セブン2021年11月4日号

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン