芸能

松田龍平、高級焼肉店で12才娘に再婚報告 良好な父娘関係が続く

シャツやジャケットでおしゃれな姿

娘と焼肉店で過ごした松田龍平

 都内の閑静な住宅街にある高級焼肉店。小栗旬(38才)やDAIGO(43才)など多くの芸能人が行きつけにする名店に、その夜もビッグネームが姿を見せた。10月中旬、丸メガネをかけ、チェックのシャツにプリントの入ったジャケットを合わせたファッションでテーブルを囲んでいたのは松田龍平(38才)だった。

「一緒にいたのは中学生くらいの女の子2人。楽しそうに話す2人のことを、松田さんは温かく見守っている感じでした。松田さんは周囲を気にする素振りもなく、“インスタやってんの? どんな写真?”って、一緒にスマホをのぞき込んだりしていましたね」(居合わせた客)

 食事を終えて席を立った龍平は、店の外で一服。その間、棒付きキャンディーをなめる2人との談笑は続く。近くに止めた車に2人を乗せると、走り去った。

「女の子の1人は、2009年に前妻の太田莉菜さん(33才)との間に生まれた娘さんです。2017年に太田さんとは離婚しましたが、食事に行ったり休みの日に遊びに連れ出したりと、離婚後も良好な父娘関係が続いているそうです。実は、娘さんは芸能活動を始めていて、スペイン王室御用達ブランド『ロエベ』の2020年春夏コレクション撮影に母娘で参加し、モデルデビューを果たしています」(芸能関係者)

 龍平が焼肉店を訪れていた冒頭の夜の前日、彼の人生に大きな変化が訪れていたことが明らかになった。モデルのモーガン茉愛羅(24才)との再婚を発表したのだ。彼女のお腹にはすでに新しい命が宿っている“できちゃった再婚”。来春の出産予定だという。

 2019年に本誌・女性セブンが報じた龍平と茉愛羅の熱愛。だが、発覚のきっかけは自宅マンション前での“人目を憚らない大げんか”だっただけに行く末を心配する声もあったが、無事ゴールインを迎えた。新たな家庭を持つことになった龍平。しかし、いや、だからこそ、その夜は再婚報告も兼ねた、一人娘との食事の時間をとったようだ。

「もともと龍平さんは子煩悩。娘さんが生まれた当時は、一緒に過ごす時間を持ちたいからと仕事をセーブしたほどでした。娘さんも龍平さんのことが大好きで、幼稚園の送迎なども“パパがいい”ってベッタリだったそうです。たとえ再婚し、新たに子供が生まれることになっても、自分が父親であることは変わらないし、これまでと同様大切な存在だと伝えたかったのでしょう」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス