芸能

有村架純が明かす 初キスシーンの相手・國村隼からの大切な贈り物

売れっ子の有村が國村準について語った

売れっ子の有村が國村準について語った

 放送中の日曜劇場『日本沈没─希望のひと─』(TBS系)では地球物理学の最高権威である世良徹教授を演じている俳優・國村隼(65)。40年前のデビュー以来、国内外からオファーが絶えることのない名優だ。

 女優の有村架純(28)にとって國村隼はデビュー3年目のドラマ『スターマン・この星の恋』で共演した「先輩」だ。有村が明かす。

「現場で見る國村さんは非常に柔らかく自然体で佇んでいらして、空き時間にお話しすることがとても楽しみでした。海外での経験談などを経験の浅い私にたくさんお話ししてくださいましたし、そんな私の話し相手になってくださる優しい先輩でした」

 同作で、有村にとって初めてのキスシーンの相手となったのも國村だ。

「台本には、宇宙人だということがバレないように“祥子(有村)の口を塞ぐ”とあったので、あまりキスシーンという意識はしていませんでした。國村さんもプロの役者さんなので、緊張などはありませんでした。とにかく観ている方にとって衝撃的なシーンになればいいなと思っていました」

 以降も共演作は続いた。

「撮影の合間に何度か食事に行かせていただき、共にお酒を嗜んだ時間が至福の時でした。映画のキャンペーンでお会いした時には、小さなリースをメッセージ付きでプレゼントしてくださって、今も大切に持っています」

 8月公開の映画『太陽の子』の舞台挨拶で久しぶりに会うと「すごく元気になったなぁ」「何かが抜けたような感じやね」と有村の小さな変化にも気づいていたという。

「いつも“有村君”と呼んでくださっています。居てくれるだけで安心できる存在で、きっとキャスト・スタッフ皆さんがそう思われているんじゃないでしょうか」

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン