ライフ

月刊『ムー』編集長「学術誌でも研究誌でもない、知的エンタメ雑誌」

月刊『ムー』編集長の三上丈晴氏(撮影/佐々木圭司)

月刊『ムー』編集長の三上丈晴氏(撮影/佐々木圭司)

 2021年6月、米政府は2004年以降に米軍などから寄せられた「UFO目撃情報」の調査結果を公表した。UFO(未確認飛行物体)をUAP(未確認空中現象)と再定義し、調査対象144件の大半が「説明不能」であることを認めた。つまり、UFOの正体は何なのか、明確な答えは出ていないのだ。

 長年、UFOについて多くの話題を取り上げ、UFOファンの支持も厚い月刊『ムー』名物編集長の三上丈晴氏に、「説明不能」とされたことについて問うと、「謎がすべて解明されたら雑誌は売れない」と笑う。

「UFO問題の原点、『ロズウェル事件』の発生は70年以上も前。興味深い事実はあっても、なかなか真実にたどり着けないから読者の好奇心を掻き立てると思うんです。記事では、あらゆる仮説を扱う。たとえば今月号の特集で『UFOはタイムマシンだった!』とやっても、次号の予告を見たら『宇宙人の正体は地底人だ』と書いてある(笑)。節操はないけど、仮説として個々の記事で筋が通っていればOKです」(三上編集長)

 創刊から40年余り。雑誌作りにブレはない。

「UFOや超能力、そして心霊現象にしても、編集部が『これは間違いない。どや!』とやると読者はドン引きしてしまう。読者の方も一家言もっているので、そこは『まだまだ不思議なことはある。引き続き調査中』というスタンスを示すことが大事なんですね」

 政治家や文化人、芸能人にも愛読者は多いというが、

「何かの会話の弾みで愛読者とバレるパターンが多いようですね。“隠れ信者”が多いようです(笑)。『ムー』は学術誌でも研究誌でもない。あくまでも知的エンタメ雑誌です。これからも『東スポ』さんに負けないUFOスクープを狙っていきます」

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン