ライフ

【新刊】ジェンダーの檻をコミカルに読ませる『選んだ孤独はよい孤独』など4冊

『選んだ孤独はよい孤独』

『選んだ孤独はよい孤独』

 読書の秋、おうち時間が充実するおすすめの新刊4冊を紹介しよう。

『東京ゴースト・シティ』

東京ゴースト

『東京ゴースト・シティ』

バリー・ユアグロー著/柴田元幸訳/新潮社/2420円
フードライターの伴侶と来日したユアグロー。旅を愛する作家のユーモア溢れる奇譚集になるはずだったがコロナで事態は一変。マスクをつけ、こそこそコンビニに出入りし、市川崑の前回のオリンピック記録映画を居室で見るはめに。そこに登場する太宰や菅原文太や三島由紀夫らの幽霊。著者がこんなディープな日本通だったとは!? 猥雑でモダンな東京の魅力を再発見する。

『ブルースRed』

『ブルースRed』

『ブルースRed』

桜木紫乃/文藝春秋/1650円
8人の女達が影山博人を語る『ブルース』の続編。写真家の道を絶ち、義父博人の復讐を果たし、釧路の政財界を牛耳る黒幕となった影山莉菜。博人のDNAを持つ武博が国の赤絨毯を踏むまでの“雑草刈りと整地”という20年計画を粛々と実行する。博人はかつてこう言った。“男と違って女のワルにはできないことがないからな”。女の情念が交錯するノワールに終始ゾクゾク。

『傘のさし方がわからない』

『傘のさし方がわからない』

『傘のさし方がわからない』

岸田奈美/小学館/1430円
本に写真が差し込まれている。子供を抱きボルボの横に立つ若い夫婦。免許証を持たない著者は前著の印税など全財産をはたいてこのボルボを購入した。在りし日の父を偲び、車椅子用に改造して母の足となるように。大学生でベンチャーに就職し、精根尽き果て、好きな人(母とダウン症の弟)と好きなこと(文章を書くこと)をして暮らしていくと決めた著者。新世代の人生論でも。

『選んだ孤独はよい孤独』

山内マリコ/河出文庫/748円
地元の仲間達といまだにつるんでいる30代のホモソーシャル男、男を支配したがる花音との恋愛体験でミソジニー(女嫌い)になってしまった男子高校生、広告代理店に勤務する“デキる男”の化けの皮、先輩の「逃げろ!」で職場をトンズラした男の後日譚。短編あり、掌編あり、3行小説あり。スタッカートの効いた配置と、異議申し立ての爪を隠した柔らかな語り口を楽しんで。

文/温水ゆかり

※女性セブン2021年11月4日号

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン