ライフ

最高月収5億円のエンリケ「名古屋のキャバ嬢の売りは大阪と違う笑かし要素」

名古屋キャバクラ界のカリスマ・エンリケ

名古屋キャバクラ界のカリスマ・エンリケ

 日本全国がコロナ禍で経済的打撃を受ける中で、名古屋圏がいち早くそれを脱しつつある。9月に発表された基準地価で、名古屋圏(愛知県全域と三重県北部を含む)が商業地1.0%増、住宅地0.3%増と、ともに2年ぶりに上昇に転じたのだ。

 名古屋の活気は「夜の街」においても一味違う。その象徴的存在が「エンリケ」こと小川えり氏だ。かつて2006年から2019年まで名古屋・栄のキャバクラ「アールズカフェ栄」に在籍し、最高月収5億円を稼いだこともある“日本一の元キャバ嬢”として知られる。

 エンリケの活動当初、売り上げが高いキャバクラといえば東京・大阪で、名古屋は「日本一」とはほど遠かったと振り返る。

「名古屋の人って派手好きだけどドケチなんですよ。飲み代にお金をかける人は少なく、私が働き始めた頃はお客さんがシャンパンを下ろす文化もなかった。

 それがある時、シャンパンを直瓶(ちょくびん、瓶を口にあてラッパ飲みする行為)している写真をブログにアップしたら、その姿を見たいと名古屋中からお客さんが集まり始めたんです。

 でも、直瓶し続けていたら身がもたないから、10万円、100万円と値上げしたのですが、最終的には1000万円にしてもオーダーが入っていました。高級シャンパンの一気飲みが有名になって、名古屋にもシャンパン文化が浸透した。そう言って、今でもキャバクラ界隈の人から感謝されます(笑)」

 エンリケの直瓶が有名となり、全国各地から客が訪れた。中には政治家や有名IT社長もいたという。

 以降、キャバクラ界の名古屋嬢人気も増したというが、その最大の魅力についてエンリケはこう語る。

「私が思う名古屋のキャバ嬢の売りは“大阪とは違う笑かしの要素”です。ド派手な髪型にしてドレスを着ているのは、着飾ることが目的じゃなくて、お客さんとのコミュニケーションのため。あえて“ツッコミ待ち”をしてるかのような派手さで、お店というハレの場を演出する。そうやって『名古屋は東京にも大阪にも負けとらんぞ』って気概を示しているような気がします。

 もちろん容姿だけド派手を狙うんじゃなく、私は“気配りの鬼”と言われるくらい周囲に目を見張らせてました。お客さんの会計待ちがないように、嬢だからって席についてるだけでなく、ササッと伝票を持って会計を済ませちゃう、とか。お金の話ばかりになっちゃいましたが(笑)、結局はお金よりも信頼を大事にすることが、名古屋キャバ嬢時代に得た大きな学びです」

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト