ライフ

オオカミの被り物CMが話題 『ブラックウルフ』命名の狙いとは?

バスルームの雰囲気を損ねないスタイリッシュなパッケージ『ブラックウルフ』

バスルームの雰囲気を損ねないスタイリッシュなパッケージ『ブラックウルフ』

 何歳になっても若々しい黒髪でいてほしい──そう願うことは贅沢だろうか? 大正製薬から10月1日に新発売された『ブラックウルフ』は、男性向けのヘアケアブランド。オオカミの被り物のCMが話題の製品に込められた思いとは。

 大正製薬の『ブラックウルフ』シリーズは、30代から40代の男性をメインターゲットにした新しいヘアケアブランドだ。

 いつまでも若々しくいたいという男性のために同社が注目したのが、人が本来持っている頭皮の活力(毎日のお手入れによる)。ブラックアクティブ処方(※)で、いまある黒髪をケアし、魅力的な男性を目指すという。

(※ ブラックアクティブ処方=ボタンエキス、キハダ樹皮エキス、オウレン根茎エキス、タウリン、パルミトイルテトラペプチド-20、アセチルテトラペプチド-3、モウソウチク成長点細胞溶解質、アカツメクサ花エキス、リンゴ果実培養栽培エキス、ヤナギラン花/葉/茎エキス、トリフルオロアセチルトリペプチド-2:いずれも保湿成分)

 シャンプー&コンディショナーのラインナップは、3種類。黒髪にハリ・コシを与え、立ち上がる強さとボリューム感をアップする「ボリュームアップライン」と、黒髪を根元からリフレッシュし爽やかな清潔感を保つ「リフレッシュライン」、通販限定のスペシャルケアシリーズの「プレミアムライン」だ。
 
 そのほかに、頭皮の角質層まで直接浸透させる「スカルプエッセンス」、使うたびに白髪を目立たなくさせる「カラートリートメント」(色は「ナチュラルブラック」と「ナチュラルブラウン」。通販限定)を揃えた。シャンプー、コンディショナー、スカルプエッセンスとライン使いするのがおすすめだ。
 
 大正製薬の男性向けヘアケア用品といえば、ヒット商品『リアップ』が知られているが、薄毛や抜け毛というイメージがある。髪の悩みは非常にデリケート。同社は、ポジティブに使えて、しかも使っていることがかっこいいと思われる新ブランドを立ち上げたかった。いつまでも自分たちをポジティブに捉え、未来を自分で作っていく男たち、それを『ブラックウルフ』というネーミングで感じ取ってもらいたかったのだという。

 さらに香りの面では、清潔感のあるスッキリしたシトラス系をベースに、男性の魅力を引き立てる香りに仕上げた。
 
 メインターゲットとなる30代から40代の男性は、妻やパートナーから見て、この先も若々しくかっこよくいてくれるのか、“老けたおじさん”になってしまうのか、ちょうど分かれ道にいる存在といえる。シャンプーという毎日の習慣でいつまでも若々しくいてくれるのなら、ぜひすすめてみたいという読者も多いのではないだろうか。

「男性は面倒くさがり屋なかたも多いので、奥さまやパートナーから後押ししていただければうれしいです」と同社の担当者は話してくれた。

取材・文/須川奈津江

※女性セブン2021年11月25日号

関連記事

トピックス