• TOP
  • 国内
  • 存在感高まる維新の吉村洋文・大阪府知事「嫌いな人が少ない」強み

国内

2021.11.20 07:00  週刊ポスト

存在感高まる維新の吉村洋文・大阪府知事「嫌いな人が少ない」強み

落選に追い込まれ辻元氏も維新の戦略を振り返る(時事通信フォト)

落選に追い込まれた辻元氏も維新の戦略を振り返る(時事通信フォト)

 総選挙で大躍進した「日本維新の会」。この選挙で名実ともに「維新の顔」となったのが副代表の吉村洋文・大阪府知事だ。いまや「岸田文雄・首相が最も恐れる男」と言っていい。

“なにわの風雲児”こと吉村氏は大阪府河内長野市生まれ。大阪の名門・府立生野高校から九州大学法学部を経て弁護士になり、大阪維新の会代表(当時)の橋下徹氏に請われて2011年の統一地方選で大阪市議に初当選、政界入りした。いわゆる維新の生え抜き組だ。

 その後も橋下氏や松井氏に引き立てられ、2014年総選挙で衆院議員に当選すると、在職わずか10か月で辞職して橋下氏の後継者として大阪市長に転じ、2019年には松井氏と入れ替わる形で大阪府知事に就任(当選)した。現在は橋下氏、松井氏に続く3代目の「大阪維新の会」(地域政党)代表を務めている。

 大阪では早くから「維新の次代を担うホープ」として注目されていた吉村氏だが、全国区の知名度を得るきっかけはコロナ禍だった。維新を取材し続けているジャーナリスト・吉富有治氏が語る。

「感染者が拡大する中、吉村知事は店舗などへの休業要請を解除する大阪独自の基準『大阪モデル』を策定するなど『先頭を切ってやっている』というイメージでマスコミにクローズアップされるようになった。そこからアイドル的な人気を博し、コロナ対策で目の下に隈を作った吉村知事の体調を気遣い、ツイッターでは『#吉村寝ろ』がトレンド1位になったほどです」

 昨年5月の世論調査では「新型コロナ対応で評価する政治家」で1位にもなっている。半面、失敗や勇み足も目立った。

「『うそのような本当の話をする』と緊急会見を開いて『イソジンでのうがい』を推奨したかと思うと、専門家の批判を浴びて翌日には『予防効果があるわけでもない』と撤回。『年内に10万~20万人に打つ』と目標に掲げた国産第1号になるはずの“大阪ワクチン”(大阪大発の製薬ベンチャー『アンジェス』のワクチン)は開発が遅れたうえ、最終的に『臨床試験で十分な効果が得られなかった』と開発断念に追い込まれている。大々的に花火をぶち上げるのは上手いが、内容がない。

 ただ、その後の批判があっても、まず『先頭を切ってやってる感』を出せば支持につながることを確信しているのだと思う」(同前)

 大阪は全国でもとくにコロナで甚大な被害を受けた。感染第4波で実質的な医療崩壊状態に陥り、入院できずに自宅療養中の死亡者が相次いだうえ、コロナ給付金や店舗への協力金の給付も遅れた。

 それでも、地元では、「吉村はん、ようやってはる」と支持が下がらなかったばかりか、前述のように総選挙の維新躍進の立役者となった。

関連記事

トピックス