芸能

賛否分かれる『イカゲーム』、「平等の哲学」を描ければ傑作になる

失われた平等を求めて

 現代社会においては、グローバルエリートとなった者と失業者となった者との間には、すさまじい格差が広がっており、もはや同じフィールドでゲームを戦っているとはいいがたい。しかし、幼少の頃はちがったはずだ。子供時代の遊びでは、金持ちの子供が貧乏人の子供に勝つとは限らない。勝つべきものが勝ち、負けるべきものが負ける、という平等(公平さ)がそこにはあった。『イカゲーム』の子供の遊びは、失われた平等(公平さ)を取り戻すための劇薬であるというのは、確かになるほどと思える。

 平等(公平さ)への渇望は、主人公の状況にも反映されている。主人公の人生が進退極まったのは、会社からリストラされたことが発端だ。本作品の中盤、リストラを告げられた主人公が自動車工場にバリケードを築いて戦った過去が描かれる。このエピソードは、製造業が空洞化している韓国社会の断片であるとともに、主人公が会社の決定を不当だと思い、公正さを求めて戦ったが敗れたということでもあり、本作のテーマを浮き彫りにするものだ。

 そして借金まみれになった主人公はギャンブル中毒になる。ギャンブルには個人の属性は関係ない。ギャンブルでものを言うのは、生まれや育ちではなく、その場かぎりの運だ。ギャンブルは、属性をはぎ取って、人間を丸裸にすることで平等や公平を復活させてくれるのだ。つまり公平さを求める者の敗者復活戦だ、と言えなくもない。そして、ギャンブルで稼いだなけなしの金も失った主人公は、起死回生の策としてこの狂気のゲームに参加するのである。また、主人公たちが離島で参加するゲームも、ほとんどが運に左右されるもので、ギャンブルに近い。ギャンブルでないとどうにもならない社会に生きているのである。

 韓国は、先進諸国の中でも特に格差が甚だしい国として挙がることが多い。アカデミー賞作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)もそのような社会的状況から生まれた作品だ(映画で見られたような、低所得者用の半地下の部屋は実在する)。そして『韓国社会の現在 超少子化、貧困、孤立化、デジタル化』(春木育美著 中公新書)によると、現実は映画よりも厳しい。

 また、このような新自由主義がもたらした社会問題は韓国にとどまらず、先進諸国をじわじわと蝕んでいる。ならば、現状を打破するには、『イカゲーム』のような起爆剤を仕掛けるしかないという空気が国境を越えて蔓延することも不思議ではない。『イカゲーム』は、一見すると荒唐無稽なギミック満載の作品のように見えながらも、韓国現代社会の、ひいては先進諸国の公平さについて鋭く問う作品であると言える。このような【2】社会の層の分厚さが、各国で共感を呼んだと理解するのはさほど的外れではないだろう。

  

関連キーワード

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン