• TOP
  • スポーツ
  • 鈴木誠也のメジャー行き支える畠山愛理は「奥様会」に馴染めるか

スポーツ

2021.11.30 16:00  週刊ポスト

鈴木誠也のメジャー行き支える畠山愛理は「奥様会」に馴染めるか

メジャーでは選手の「奥様会」も盛ん(鈴木誠也の妻・畠山愛理/時事通信フォト)

メジャーでは選手の「奥様会」も盛ん(鈴木誠也の妻・畠山愛理/時事通信フォト)

 プロ野球も全日程を終え“ストーブリーグ”を迎えた。注目はメジャー移籍を目指す広島カープ・鈴木誠也(27)だ。

「走攻守に欠点の少ない鈴木の評価は高いようで西海岸の名門・ドジャースをはじめ10球団以上が関心を示しているようです」(スポーツ紙記者)

 これまで日本人野手はメジャー投手の高い壁はもちろん、米国での慣れない生活に苦労してきた。だが、鈴木には「頼れる相棒」がいる。妻で元新体操日本代表の畠山愛理(27)だ。

 大谷翔平と同じ「1994年世代」の2人は、2019年8月に結婚。畠山は新体操「フェアリージャパン」のメンバーとしてロンドンとリオの2度の五輪に出場したほか2015年には「ミス日本」特別賞に選出、引退後はモデルやキャスターとして活躍した。

 ただ2020年9月にNHKの『サンデースポーツ』を卒業、今年2月に東京の自宅を引き払って広島に移住するなど内助の功で夫の活躍を支えてきた。

 そんな畠山を「アスリートにとって理想の奥さんですよ!」と言うのが、元フィギュアスケート選手でソチ五輪に出場した村上佳菜子(27)。村上も2人と同学年で畠山とは公私ともに親しい仲だ。

「プライベートで食事に行った時の話ですが、愛理ちゃんは旦那さんのために栄養学を勉強して『資格を取った』と聞きました。食べることが大好きで、スレンダーですが私と同じくらいよく食べるんですよ(笑)。『旦那さんの身体の状態に合わせてメニューを考えて作っている』と言っていました」

 メジャーでは選手の「奥様会」が開かれ妻同士の交流も盛んだが、村上は畠山の「社交性」についても太鼓判を押す。

「愛理ちゃんは現役時代に練習や試合で海外を転々としていたので語学面は現地に行けば馴染んでいくと思います。普段からお話しが大好きな明るい性格ですし、チーム関係者ともすぐに打ち解けるのではないでしょうか」

 いち早く環境に順応し、フェアリーから“勝利の女神”になれるか。

※週刊ポスト2021年12月10日号

関連記事

トピックス