芸能

『バイキング』打ち切り説 それでも坂上忍がテレビ界で活躍する理由

『バイキング』の勢いが急落?

『バイキング』打ち切りでも坂上忍は安泰?

 坂上忍(54才)がメインMCを務めるフジテレビ系の情報番組『バイキングMORE』の“打ち切り内定”が報じられた。

 2014年4月に『笑っていいとも!』の後継番組として始まった『バイキング』。当初は月曜日から金曜日まで日替わりMCで、坂上は金曜日の担当だった。2015年4月のリニューアルで坂上は全曜日出演の総合MCとなり、番組の“坂上色”が濃くなっていく。そして、2020年9月には、放送時間を拡大し、番組名も『バイキングMORE』に変更。フジテレビの午後の時間帯を象徴する番組となった。

 さまざまなニュースに対して、坂上が切れ味鋭く持論を展開することも多い同番組。しかし、その点についてフジテレビ上層部からストップがかかったという。

「番組で取り上げるニュースについては、坂上さんの意向が大きく反映されていました。そこで坂上さんは、いろいろなものに“噛み付く”ことも多かったんですが、フジテレビ上層部としては、受け入れがたいものだったと報じられています。特にフジテレビには芸能事務所や自民党政治家と親交が深い幹部が多く、坂上さんの過激な発言によるハレーションを懸念していたとも伝えられています」(テレビ局関係者・以下同)

 ネット上でも話題となったこの“バイキング打ち切り”のニュース。ネットユーザーからは、

〈確かに坂上さんに押され気味なコメンテーターの意見誘導に、手のひら返し連敗は流石に引いたけど、それは全部ではなく、毒舌吐いてくれる事にはスッキリする時もありました〉
〈基本的にハッキリと物を言う人は好きだけど、坂上さんの場合は見ていてものすごくイヤな気分になる事も多々あった〉
〈確かに自分の意見に対して傲慢な所はある。しかし正論とも思える点も多いし本音を言う所は個人的に好感は持てる〉
〈私は好きでした。歯に衣を着せない言い回しとか、変な忖度なしで聞いていてスッキリします〉

 など、坂上のスタンスに嫌悪感を抱いていたという声もあれば、はっきり物を言う姿勢を支持していたという声もある。

関連記事

トピックス