ライフ

ホワイトサンド、サラダパン、サンオレ…関東・中部・近畿の地元パン7つ

地元パン

長年愛される”母の味”、Bakery&Cafe 赤毛のアンの『サンオレ』

 地元の「ソウルフード」として愛され続けるご当地袋パン。その土地でしか購入できないため、知る人ぞ知る存在でもある。地元パンに詳しい専門家の解説とともに、関東・中部・近畿の地元パンを紹介する。

●千葉『サンオレ』Bakery&Cafe 赤毛のアン 239円
甘く香ばしいパン生地の中央には、千葉県産の卵を使用した手作りのたまごサラダをON。その上にはマヨネーズとハムが添えられたボリューム満点のパン。50年以上地元で愛され、幅広い層に人気。

地元パン

ビタミンB1が豊富!

●石川『頭脳パン』佐野屋製パン 174円
慶応大学教授・林髞(たかし)氏の学説により1960年に開発。頭の働きをよくするビタミンB1を多く含んだ『頭脳粉』を使用。現在日本で唯一、石川県の企業のみが製造している。

地元パン

レトロ感満載の愛らしいパッケージも人気

●石川『ホワイトサンド』パンあづま屋 島田店製パン工場 216円
金沢製粉の高級小麦粉を使用し、卵や生クリーム、保存料添加物を一切使わず小麦本来の素朴な味わいが特徴。70年以上変わらないほどよい甘さの自家製ホワイトバターをサンド。

地元パン

昔から変わらないレトロなイラストが愛らしい

●長野『牛乳パン』かねまるパン 200円
ふかふかのパンに甘いホイップクリームがはさまった優しい味。「すごく大きくて一度では食べきれないほどです。地元のかたはお年寄りから子供まで一回で食べきれると聞いて驚きました」(甲斐みのりさん)。

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン