• TOP
  • 芸能
  • 神田沙也加さんが悩んでいた「年下俳優との恋」と友人への最後の電話

芸能

2021.12.21 11:00  NEWSポストセブン

神田沙也加さんが悩んでいた「年下俳優との恋」と友人への最後の電話

映画『宇宙戦艦ヤマト』の初日舞台挨拶に登壇した神田沙也加さん

映画『宇宙戦艦ヤマト』の初日舞台挨拶に登壇した神田沙也加さん

 歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)が12月18日に急逝した。今も芸能界は悲しみに包まれている。過去の共演者たちはもちろん、沙也加さんの両親と親しいタレントたちも、次々と辛い思いを明かしている。

 そんな中、父で俳優の神田正輝(70才)は20日午前、沙也加さんと悲しみの対面をするために、札幌入りした。12月19日からのディナーショーを中止にした母の松田聖子(59才)も、所属事務所が「未だこの現実を受け止めることができない状態です」と代弁している。

「12月21日に聖子さんと正輝さん、沙也加さんの事務所関係者らが、札幌市内の斎場で沙也加さんを荼毘に付し、遺骨を持って帰京するようです。聖子さんが沙也加さんと会うのはかなり久しぶりのようでしたが、まさかこんな形で再会するとは思ってもみなかったはずです……」(芸能関係者)

 舞台で、歌い、演じることに人一倍の情熱を注ぎ続けて、デビュー当初に一部で囁かれた“親の七光り”とのレッテルを、努力と実力で剝がしてみせた沙也加さん。ある演劇関係者は「今回のミュージカル『マイ・フェア・レディ』のイライザ役は、“もう一人のママ”と慕っていた大地真央さん(65才)が、600回以上も主演を務めた代名詞の役。その後継は念願だったのになぜ? それが我々の心境です」と、無念の表情で言葉を絞り出した。

 札幌市内のホテル22階の窓からの転落には、「コロナ禍で窓が全開可能になっていたのでは。事故か」などとする情報が飛び交ったが、その後「最大15センチほどしか開かないようになっている」との報道があって、錯綜している。遺書は残されておらず、理由は依然不明のままだ。

 かつては、交際相手や結婚を反対された時期に、聖子との母娘関係がぎくしゃくしたこともあった。「母娘仲は離れたりくっついたり繰り返していた。それでも、近年の親子仲はそこまで悪くなかったと聞いています」(あるベテラン芸能レポーター)

 一度は自分で新たな家族を築いたこともあった。2017年に俳優の村田充(44才)と結婚したが、2019年末に離婚。その際には、元ジャニーズJr.の秋山大河(29才)との交際も発覚していた。ただ、ある舞台関係者は「秋山さんとの交際は、今年に入って終わっていました」と明かす。

 そして「その別れが辛いもので、しばらく引きずっていた沙也加さんが、次に出会ったのが、少し年下の俳優Aさんでした」と続けた。Aとはこの夏に急接近していった。秋山との破局で弱っていた沙也加さんを癒す存在だったという。

「ふたりは夏が終わってしばらくしてから付き合うようになったそうです。Aさんは沙也加さんを新たに支えてくれる存在だったのですが、次第にそのAさんとの関係にも悩むようになっていったとも聞いていました」(前出・舞台関係者)

 Aは舞台やテレビで活躍する俳優で、若手の有望株でもあった。

関連記事

トピックス