• TOP
  • 芸能
  • 松田聖子、沙也加さんに願った「一番の親孝行」 愛娘への想いとは

芸能

2021.12.21 21:05  NEWSポストセブン

松田聖子、沙也加さんに願った「一番の親孝行」 愛娘への想いとは

松田聖子はこのとき38歳で沙也加さんは13歳(2002年撮影)

松田聖子はこのとき38歳で沙也加さんは13歳(2002年撮影)

 歌手・松田聖子(59)は、1985年に俳優・神田正輝(70)と結婚し、1986年10月に長女・沙也加さんを出産した。聖子がトップアイドルのまま結婚・出産を経たことは芸能史において革命とも言える出来事で、「ママドル」という新語まで生み出した。

 1997年にリリースした『私だけの天使〜Angel〜』の歌詞は、聖子が愛娘である沙也加さんを想って書いたものだ。「天使」「宝物」「生きがい」と娘への愛情を歌う同楽曲のシングルのジャケットには、聖子と沙也加さん、母娘で繋いだ手の写真があしらわれていた。しかし12月18日、娘は母より先に短い生涯を終える。12月21日、聖子は北海道・札幌市内の斎場で沙也加さんと無言の対面をし、沙也加さんは荼毘に付された。

 聖子にとって唯一の娘・沙也加さんの逝去はあまりにも早すぎる別れだった。聖子と沙也加さんが自ら答えたインタビューの内容から、母と娘の「絆」を紐解いていく。

優しくてちょっと厳しい普通のお母さん

 まずは沙也加さんが8歳のころに行われたインタビューを振り返る。日本を代表するアイドル歌手である“聖子ちゃん”も、小学生の娘にとっては、優しくてちょっと厳しい普通のお母さんだったようだ。

〈(沙也加ちゃんのお弁当は)変わらないですねえ。相変わらず卵焼きとかウインナー、アンパンマンのハンバーグ。(中略)お弁当に関してはいろいろいいますからねえ。『またピーマン入れるの』とか。『だったら持っていくのやめなさい』って。私、厳しいんです。まあ、リクエストも聞きますけど、基本的に“あれ作って”じゃなくて、“作ったものを持っていきなさい”のほうですから〉(『JUNON』1994年12月)

〈(『母してる』と思う瞬間は)朝お弁当を作ってるときと、学校から帰ってきてもなかなか宿題や勉強をしなくて『まったくもう』って怒ってるときかなあ。でも、ときどき思うんです。これって、私が小さいころに母にいわれたのと同じだわって〉(同前)

 このインタビューで聖子は、インタビュアーから何気なく出た「セーラームーンソーセージ」という言葉にすかさず「そんなのあるの? どこに売ってるの?」と反応する場面もあり、娘の笑顔が見たい母親としての素顔を感じさせる。

関連記事

トピックス