ライフ

土地によって様々なお雑煮 もちの「丸」「四角」の分かれ目は“関ケ原”

東西や地域で違う味(写真は大阪で元日に食べられる白みそ仕立てのもの)

東西や地域で違う味(写真は大阪で元日に食べられる白みそ仕立てのもの。餅は丸もち)

 日本の正月に欠かせないお雑煮。お雑煮といえばもちの入った汁物のことで、正月などのハレの日に食べられるものだが、実は47都道府県、さらには地域や家庭によってその中身はさまざまだ。

「代表的なレシピだけでも全国に100種類以上あり、作り方や具材の違いまで着目すると、家庭の数だけあるといってもいいでしょう」

 とは、日本各地のお雑煮事情を調査している粕谷浩子さんだ。女性セブン読者を対象に実施したアンケートでも、

「お雑煮のもちは丸いと思っていたので、四角いもちを見たときはびっくりしました」(46才・兵庫県出身)
「わが家では白みそ仕立てが定番でしたが、神奈川県出身の夫に初めて作ったとき、“何これ”と言われました」(64才・大阪府出身) 

 など、各地方や各家庭の素材やレシピの違いに驚く声が多く寄せられた。

 お雑煮の大きな違いは、もちの形とベースの味(みそかしょうゆ)だろう。

「もちの形は主に四角と丸。この分岐点は岐阜県の関ケ原付近とされています。例外もありますが、そこから東は“のしもち”を切った角もちが主流で、西は丸もちが一般的です」(粕谷さん・以下同)

 室町時代、京都の公家や寺などでは、鏡もちの代わりとして丸もちをお雑煮に入れており、その風習が庶民にも広がった。一方、東のもちが四角になったのは、江戸の人口が急増したため。ついたもちを丸めていては手間と時間がかかるので、まずは「のしもち」にして一気に切り分ける、いわば大量生産方式がとられたのが起源だとされる。

江戸時代末期に東西の味が分かれた

「関西と四国の一部ではみそ仕立てが主流で、それ以外はおおむねしょうゆのすまし汁です。こうした味の違いは、江戸時代後期に習慣化されました」

 紀州(現在の和歌山県・三重県南部)から下総(千葉県北部付近)の銚子にしょうゆ文化が伝わり、佐原や野田でもしょうゆの醸造業が発展。関東地方を中心に普及した。一方、京都では、江戸時代後期から宮中や公家の間で白みそが使われるようになった。田舎みそに比べて米麹を多く使う白みそはぜいたく品。これが明治時代以降、「宮中の白みそ仕立ての雑煮をわが家でも」と、西日本の庶民に広がったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン